スピリチュアルヒーリング系起業家ブログ運営で気を付けたい2つのポイント

      2017/03/09

[metaslider id=6057]

 

今日は。パチコスキー真由美です。

私はアメリカのメリーランド州でプライベートエステサロンを経営しています。

ホリスティックという、健康という全体像から見た肌へのアプローチです。

沢山のセラピストさんたちと仲間になり、お互いに顧客を紹介しあったりしています。

その中に、スピリチュアルヒーリング系・エネルギーワークできちんと生計を立てているセラピストさん達とも友達です。

 

今日はあなたがスピリチュアルヒーリングで、大切なポイントという事を記事にしています。

 

元気にさせてもらえたメッセージ

 

ちょうど1年ほど前。

スカイプでセラピストさん向けのグループ・プチコンサルをしたことがありました。

確か時間はおひとり15分くらいしかなかったのではないかと思います。

その中の一人に坪内薫さんという方がいらっしゃいました。

セラピストのひらめきを文字化するヒーラー坪内薫さんです。

そしてこんなうれしいメッセージを送ってくださったのです。

 

Kaoru Tubouchi

真由美さん、おはようございます。

いつもメルマガと投稿を拝見しております。

今日は真由美さんに感謝の気持ちを伝えたくてメッセージさせていただきます。

 

ちょうど1年前、5月の末にマレーシアのRIEさん主催でセラピストのためのグループコンサルに参加させていただきました。

そこで言っていただいたメモを見直していて驚いたんです。

真由美さんにアドバイスいただいた道を、やっと肚を決めて進むことができている自分になれているということに。

相談させていただいたときは、自分自身に、サービス内容も含め、すべてに自信が無く軸が定まっていませんでした。

1年遠回りして、先月やっと自分の方向性と軸が合致したところです。

いま改めて出てきた不安も、昨年の真由美さんは解決法をアドバイスしてくださっていたのです。

やっと向き合うことのできた自分を、もうすでに見ておられた真由美さんに頭が上がりません。

 

すぐに実行できずに時間がかかってしまいましたが、やっとスタートラインに立つことができました。

真由美さんとご縁をいただき、アドバイスいただいたノートは宝物です。

これから一歩一歩歩みを進めてまいります。

真由美さんの存在は、私の中の大きな支えです。

これからもよろしくお願い致します。

 

坪内 薫

 

 

スピリチャルヒーリング・ヒーラーとして生活できるには?

 

私の周りにはスピリチュアルヒーリングで生計をたて、普通に生活している人がたくさんいます。

しかし、その一方で起業してもヒーリング一本で仕事を継続していくのができない人も沢山知っています。

何が見える、聞こえるといってもそれがすごいことではないんです。

ヒーリングに来ている施術を受ける方の体調、人生に好転したという結果を出さねば再予約はされません。

スピリチュアルヒーリングで世界中で活躍する友人のようになりたかったら。

 

1:自分軸がなければスピリチュアルヒーリングも軸のないものに

 

自分軸がないと、せっかくヒーリングワークを仕事にしようと思ってもうまくいきません。

自分軸がなく、経験も浅い時はこういう風になりがちです。

まず、施術の面でもこんなことをしてしまいがちです。

 

他のヒーリングの施術を学べば予約につながるのではないか

 

興味があって勉強し、本当に感触としてもコツをつかんでいるのならいいのですが。

施術は経験を積むことが大切です。

怪しいヒーラーというレッテルを張られないために。

セラピストとしてのレベルに自分がいけるのかチェックしてみましょう。

セラピストとは?

 

自分軸がなく、ヒーリングワークで自分が救われたと思うので、自分も他の人を癒したいという気持ちで始める

 

これは誰もが通る道なのですが、ヒーリングを仕事に出来る人とできない人もいることを理解しましょう。

自分に自信がない時、ヒーリングというツールが自分を代弁してくれる。

自分軸のない自分に何らかの肩書を付けてくれるという思いが根底にある。

自分の為にまだヒーリングをしている自分探しの段階の人。

自分が癒されていないのに、ヒーラーと名乗って他の人を癒せるなどど軽々しく考えないことです。

セラピストも同じです。

まだ自分のヒーリングが必要な人は再予約が入りにくいです。

自分軸を作ることをまず始めましょう。

自分軸がないと、記事にもあなたが反映されず、フアンになってくれる人ができにくいのです。

 

スピリチャルヒーリング・ブログ配信しても記事が読まれない訳

 

ここで薫さんのされている仕事が必要な方がたくさんいるのでは?というのが出てきます。

スピリチャル系に傾倒している人は、言葉が一般の人に理解しにくい。

自分たちだけがわかる専門用語を使って宇宙に飛んでいるような表現をしてしまいがちです。

わかる、わかるよ!

 

あなたが
どんなにすごいか知って欲しいって。

 

でもね、
読み手が知りたいのはそれやないねん。

 

不思議で見えない
すごい世界の話じゃなくて

 

知りたいのは結果
その後どうなるか
今の自分が変わるのか
未来はどうなっているのか

 

それも具体的にイメージ
できるひんとあかんのよ。

ヒーラーさんが読者にブログで伝える事

坪内薫さんのブログ記事より

 

この記事はスピリチュアルに傾倒している人の文面によく出てきて「あるある!」となりますよ。

あなたがどんなにすごいのかが大切ではなく、施術を頼む人は頼んだ自分がどうなるか知りたいのです。

自己満足でヒーリング関係の人にしかわからないような用語を並べすぎるのはやめましょう。

理解できない=怪しいとなります。

 

一般の人にも理解できるように科学的な病院などでも使われるようなデータを使ったり。

この世の一般世界で今認められているレベルにかみくだいて説明できるように勉強を積みましょう。

 

「魔法」とか「おまじない」とか、あやふやで理解できないことから来ている単語を使うときは怪しくならないように気を付けて使いましょう。

自分のことをわかる人だけ来てくれればいいと思って書いていても。

全く集客につながっていないから困っているのではないですか?

どんな記事を書いたらいいのかとスピリチュアル系の方で悩んでいたら。

ヒーリング系統に強い薫さんのように施術とは少し違う角度から起業されている方ともつながってみるのをお勧めします。

坪内薫さんのブログサイトはこちら

 

 

 - お客様の感想記事, セラピスト・癒し・ヒーリングセラピー , ,