後悔しない生き方とは。同僚の死を知って考えた。

      2017/07/27

今日は。パチコスキー真由美です。

この週末、元同僚でルームメイトでもあった友人がなくなったと連絡が入りました。

今年に入って高校生の時の同級生もなくなったり。

この世を去ってしまう悲しいことが昔より頻繁に起こるようになってきました。

今日は自分がこの週末に考えていることの記事です。

 

同期の友人の死をメッセージで知る

 

私はもうすごく昔ですが、航空会社2社勤めました。

2社目の会社は今はユナイテッドと一緒になったコンチネンタルミクロネシア航空でした。

日本の成田のベースには日本語、韓国語、中国語通訳の乗務員が勤務していました。

小さなかいしゃだったのでみんな知っているという感じ。

先輩も皆素敵で優しく、本当に勤めて幸せだったなと思える会社でした。

私やKちゃんは普通の成田ベースの人とは違うフライト路線だったという事もあり、本当に自由でした。

私と同期のKちゃんはイニシャルトレーニングという最初のトレーニングに参加した同期です。

成田ではルームメイトでもありました。

 

皆ばらばらになっていましたが、フェイスブックのおかげでまたまた沢山の以前の同僚の人や同期と連絡が取れるようになりました。

この4月に帰国した時はセミナーがおもで以前の同期などとはあわなかったので、この秋にでも。

そう思っていたところでした。。。。

 

それぞれがいろんな道に進んでいる同期達

 

Kちゃんは昔からビジネス、商売をしたいひとで小さい体ながら元気いっぱい。

面白くて人気もあったKちゃん。

体の調子を崩して一度オープンしていた飲食店をやめて。

また2年程前だったか私がブログを始めたくらいに新しい食堂を大阪にオープンしていたのです。

以前の同僚たちで集まっているのをよくFBで目にしていました。

考えると皆それぞれ自分の生きたいように生き、夢を実現している人も沢山います。

同期といってもアメリカ人なども含まれています。

kちゃんは勿論のこと。

M君は念願のパイロットになり、荷物を運ぶ飛行機のパイロットとして世界中フライトしているし。

同期のSちゃんはインドネシアでビジネスをした後、今は日本で本などを翻訳。

自分で子供用の本も商業用の本として売り出していたり。

自分が思った道を進んでいます。

 

いまを生きる

 

kちゃんは体の具合がよくなくても、やはり飲食業がしたかったのだと思います。

いまを生きる。。。。

最後までやりたいことをやりたかったんだね。

何時も自分のやりたいことがあったものね。

それに向かっていつも進んでいたよね。

同期の時もそうだったから、きっと最後までそうだったと思う。

大阪で会いに行けなくてごめんね。

懐かしくいろいろ話もできただろうに・・

私はビジネスが大好きでいつも忙しくして、帰国しても仕事を中心にスケジュールに入れて、会いに行っていなかった。

また今度。。。と思って引き延ばしていた。

FBでいつもメッセージ交換できるし。

会えなくなるようになるって思っていなかった。

考えたら誰でもいつかはいなくなってしまう日が来る。

父の死などを通してわかっていたつもりだったけれど、本当につもりだけだった。

 

一期一会

 

私はいつもスキンケア学校で教えていた時も、ブログの記事にもフェイシャルをするときに一期一会のつもりでと教えている。

自分のお客様にもそのつもりだけれど。

仕事以外には一期一会の考えを実行してはいなかった。。。

頑張って日本に帰国していて、仕事ばかりに時間をとらないようにしようと思った。

私だっていつまでこの世にいるのかはわからないのだし。

これからは友人なども会える時にはできるだけ会えるように時間をきちんととろうと反省した。

kちゃん、最後には会えなかったけれど。

生きることで大切なことの一つを忘れかけていたのを思い出させてくれてありがとう。

これからもっと後悔しない生き方。

会える時に友人や元同僚などと会う時間も持つようにします。

仕事の合間に時間を作って人ともっと会うようにするね。

kちゃん。後悔しない生き方を教えてくれてありがとう。

 

 - アメリカで思うこと ,