アメリカでエステをやりたいならこれは知っておきたいこと

      2017/07/21

 

今日は。パチコスキー真由美です。

アメリカでエステを仕事にしたい。

どうやったらできるの?

どうやったら資格がとれるの?

こういう疑問にお答えする記事を書いています。

 

アメリカでエステティシャンになるには

 

myonlinemaps.com Maryland map

アメリカは、州によって法律が違います。

そのためあなたが住む州の規定にあった過程を終了し、州の試験を受けることになります。

引越しして別の州に住む場合は試験を受けなおしたり、また経験がある程度あって仕事にした時間を計算すると試験を実技免許が免除されたりします。

こちらの記事に詳しく書いていますので参考にして下さいね。

就職先はこういう道があるのかということまでお知らせしています。

アメリカでエステティシャンになるには

 

多数の人が選ぶであろうスパ

rp_9.jpg

 

就職先にはおもに

  • 美容院と一緒になったスパとよばれるところ
  • 整形外科、または皮膚科のお医者様がいるメディカルスパ
  • 観光地などのホテルのデスティネーションスパ

そのほかにも色々とかんがえられますが、まズスパに就職することが多いと思います。

観光地などではフェイシャルの予約もすぐに入るかも知れませんが、あなたが新人でベテランエステティシャンのいるスパで働く場合。

一番予約が入り、そのお客様をフェイシャルのお客様にできるチャンスをもらえる仕事は脱毛ワックスです。

勤めて一年目を生き残るには、この記事を読んで参考にして下さいね。

アメリカでエステティシャンとして1年目に生き残るために絶対必要な技術!

脱毛ワックスは不得意で苦手だと、それだけで大きく出遅れ、顧客作りが難しくなります。

リピーターにならないと、このエステティシャンに予約を入れてもスパの顧客として定着しないと思われると予約が回ってこなくなる可能性があるんです。

勤めていながらも、起業家のようなマインドセットを持っておかないと生き残れません。

 

アメリカでヒーリングサロン・エステサロンなどを開業したいかたに

マインドセットは特に重要です。

自分からどんどん道を切り開いていかないと、受身ではやっていけません。

私は弟子入りをしていた個人サロンで3年半ほど修行し、顧客ほとんどゼロで自分のエステサロンをオープンしました。

この記事を参考にして下さいね。

アメリカで起業:ヒーリングサロンを開業したいなら。

 

アメリカで自宅サロンは危険。私がお勧めできない理由

woman-520462_640

日本とアメリカでは法律も文化も違います。

自宅を他人に開放するというのは危険を伴います。

自宅サロンをやる場合には、本当に知っている人だけか、顧客に紹介してもらうという形になるでしょう。

ちょっと待って!アメリカで自宅サロンを開業する前に知っておきたいこと。

 

最後に

エステ業界で生き残るのは簡単ではありません。

でも、きちんと技術を習得して、顧客を作るためのカスタマーサービスなども勉強していけば大丈夫です。

人をきれいにして喜ばれ、お客様が輝きだして人生までもかわる。

そんな過程のお手伝いができる、やりがいのある仕事です。

是非同僚になってください!

 

 - アメリカでエステサロン開業, エステサロン開業 ,