アメリカでエステティシャンとして1年目に生き残るために絶対必要な技術!

      2016/03/12


今日は。パチコスキー真由美です。

以前、アメリカでエステティシャンになるには

という記事を書きました。

今日は、アメリカでエステティシャンになって。

最初の1年を生き残るために。

まずこの技術は絶対に抑えてほしいというものがあります。

そのことについて記事にしています。

 

新人エステティシャンに一番回されやすい仕事は何か?

 

新人エステティシャンに一番よく回ってくるサービスとは何でしょう?

日本と少し事情が違います。

ワックス脱毛です。

ワックス脱毛とは?

 

とろりとした液体を温めて、薄く皮膚にのばし。

そのウエにモスリンと言う薄い布地やペロンという固めの紙のような素材にくっつけて

脱毛します。

ワックスには、大きく分けて次のものがあります。

ソフトワックス

ソフトワックスはクリームタイプのものが皮膚に優しいです。

ソフトワックスは薄い毛から中くらいの硬さの毛を脱毛します。

顔、腕、足、等によく使われます。

この記事を読むとソフトワックスについて詳しいことが分かりますよ。

ソフトワックス脱毛の仕方を準備から施術方法まで写真付きで解説!【完全マニュアル】

legs-544526_1280

 

ハードワックス

ハードワックスは、硬い毛に使われます。

脇の下、ビキニラインなどがそうです。

男性にはハードワックスのほうが最初はやりやすいでしょう。

顧客になってもらっていけば、そのうち硬い毛も柔らかく、薄くなってきます。

そうなれば、ソフトワックスに切り替えます。

この記事を読むとハードワックスのことが良く分かります。

エステサロン運営者必見!ハードワックス脱毛の方法【完全マニュアル】

 

2つのワックスの使い方をしっておくこと

特にハードワックスの使い方を学んだことがなく。

ソフトワックスで脇やビキニラインの脱毛をして失敗する人が多いです。

脇の下、ビキニ用にハードワックスを使うことが大切です。

 

ワックス脱毛で信頼を得て、フェイシャルの予約につなげていこう!

 

日本でワックス脱毛を経験したことがなく、最初は怖いかも知れません。

しかし、アメリカではワックス脱毛は高校生くらいから必ず始めます。

誰でもほとんどが受けるサービスなので、顧客も作りやすいです。

アメリカには眉のワックスだけで年間売り上げが1000万円超える人もいるのですよ!

単価の安い仕事ですが、短時間でできますし、量をこなせます。

頑張ってワックス脱毛の技術を学んで下さいね。

 

 - アメリカでエステサロン開業, エステサロン開業, セラピスト・癒し・ヒーリングセラピー , ,