リピーターを作り、サロン再予約が当たり前になるコツ4つ

      2017/01/11

[metaslider id=6057]

 

今日は。パチコスキー真由美です。

サロン経営はリピーター、再予約が当たり前になることで成り立ちます。

施術が終わった後、「今度はいつ来たらいいのですか?」といわれれるようになったら本物だと考えています。

そこに行くまでにどのような施術の仕方に気を付けるのか?

技術的なことは実際に体験したり施術をしているところを見学しないと何とも言えないのですが。

 

この記事で紹介する4つのポイントを最低やリ。

あとは心を込めて一人一人一期一会の気持ちで施術する。

この積み重ねで技術が伴っていればだんだんと再予約ができてくるはずです。

技術的なことは一人一人癖も違い、力の入れかた、時間配分などその方の施術をみないことにはアドバイスできないことです。

技術的なことのコツとは少し違いますのでそれを理解して読み進めていってくださいね。

記事の内容に追加で動画で再予約につなげていけないという悩みをお持ちのエステティシャンの方に共通していること。

また効果的なお客様と一緒に出た結果に喜ぶなどのポイントを簡単に説明していますのでこちらも是非観て参考にしてくださいね。

 

1:エステもセラピーと考えて施術前にこんな工夫をします

massage-486700_1280

 

エステはセラピーです。

人の体に触るのは、信頼する人にやってほしいことで誰にでもやってほしいというわけではありません。

施術を提供する前に、施術をする側が新規のかたであっても

  • 安心し
  • リラックスでき
  • 打ち解けていく

最低限このことが自然にできるように自分を整えておかなければいけません。

経験とともについてくる度胸と、あと喜んでくださり、再予約が入るのがほとんど当たり前になるまではギクシャクして戸惑うことがあります。

そのギクシャクとした感覚が自信のなさと誤解されたり。

自分で「結果が出せる」という自信までまだその施術で自分が達していないという事です。

数をこなすことと、タイプの違う人とのやり取りの仕方に慣れるまではしばらく時間がかかります。

その間にも毎日このことを施術の前におこなっていると

  • 自分の態度も地に足がついた感じでしっかりとし
  • お客様のエネルギー(気)の流れをスムーズにするのでなんの施術をしても効果がもっとはっきりとわかるように見た目も、体験後の感想もよいものになります。
  • エネルギーの流れをよくするものは書くポイントを最低3分はまず行ってください。ピリピリとエネルギーの流れが自分で感じられなくても、最低3分、長くて5分ずつしっかりとポイントを押さえてエネルギーが流れるように心の中で念じているとエネルギーが通るようになります。
  • 施術の時間が無くなると焦らず、これは必ず取り入れてくださいね。

エステは癒し。トリートメントの効果を数倍にもあげられる3つの秘密のカギ

 

2:オフィスの浄化を行うこと

 

自分がサロンとして使っている場所。

自宅サロンの場合には出入り口、お手洗いなども含めてオフィスの浄化が大切です。

人は寝ているときに自分に不要なものを脱ぎ捨てて新しく生まれ変わります。

生きていれば必ず食事をし、どんな人も排泄をするように。

エネルギー的にも魂的にも進化していくのでいらないものを自然と脱ぎ捨てるようになっています。

特にセラピーを受けているときにはもう小さくなった服を脱ぎ捨てていると考えてみてください。

 

浄化という言葉に違和感をもたないこと

 

私はポジティブだからそんなことはないとか。

浄化が必要なんて自分はけがれているのか?

そんな事ではありません。

3Dの世界で生きていれば、お坊様でも誰でも人間には起こることで怖がる必要はなく。

自分が低レベルだから浄化が必要で、私は高レベルだから浄化は必要ないというものでもありません。

 

t-shirt-1524677_1280

 

この脱ぎ捨てた服は目には見えないのでトリートメント室などにたまっていくのはみえないのです。

きちんと浄化をするという事で、この洋服がなくなるようにします。

浄化をしないと掃除をしない部屋と同じでごみがたまっていくだけなのです。

ごみで不要のものであり、別に霊であるとかオカルト的に恐れたりしないこと。

浄化をしないとこんなことが感じられます。

  • 体が重かったり、なんだか疲れた感じがする
  • 眠くなる
  • イライラしがちになる

予約の量も満杯でないのになぜ疲れが感じられるのだろう?と思うときは特に浄化をしましょう。

出来ればお客様毎回後に浄化が出来れば一番いいですが、一日のおわりに一度でも構いません。

浄化をすると

  • 部屋の中がパッと明るくなる
  • スッキリする

など体感としても感じられるのでその感触を覚えておけば浄化を特にしないといけない時などよくわかるようになります。

この記事を参考にしてオフィスの浄化も日常に取り入れてください。

あなたの自宅の方も時々浄化されるのをおすすめします。

セラピストの人はMUST! 知っておきたいオフィス浄化の仕方。

 

 

3:セラピストの自分のメンテナンスを怠らない

 

オフィスを浄化していて、自分のセルフケアでもエネルギーの調整をしているので他の人からのメンテナンスはうけなくてOK。

これに対して私は別の意見を持っています。

自分で自分にフェイシャルをするのと、他の人にしてもらうのでは経験も違いますよね?

人間は他の人間や動物など自分に似たものと触れあることで愛情とエネルギーが強くなるのです。

自分だけでやっていると何となく孤立して、ストイックになりすぎ、盲目的になったり。

特に残念なのはヒーリング関係のヒーラーの人達は自分が一番だと思いたいという傾向の人も多く。

他の人にヒーリングを受けなくてもOKと思っている方もいます。

相性が合う合わないでエネルギー療法は違いが出るので施術をしてもらってもしっくりこない人がいるのも確かです。

しかし、自分と相性が合い、施術を受けたあとに

  • 爽快になる
  • 疲れがどっと出ても次の日にはすごく調子が良くなる
  • 終わった後にルンルンな気分になる

こんな感じで自分で判断することができます。

人間お互いさまで助け合うことで魂も進化します。

誰かにお金を払って施術を受ける。

又は交換施術を提案する。

などして必ず月に1度は自分のメンテナンスとして何らかの施術を受けるように心がけてください。

セラピストに必要なこと:メンテナンス

 

4:最後に当たり前だけど難しい一期一会の心

 

自分がきちんとエネルギー的にも整っていると、施術の結果ももっと出るようになり。

新規の方でもゆったりと心の余裕をもって接することができ。

新規の方にもリラックスしてもらえ。

オフィスの印象もいつも浄化をしているので

「サロンに来るだけでも癒されます。」といっていただけるようになります。

そして一期一会で一人一人に最高の施術を提供できるように毎回真剣に取り組むことです。

マッサージしながら「今日の夕飯は何にしようかな?」などど心がほかに移っているとお客様はそれを感じ取ります。

それがいまいちの施術の感想につながるのです。

この記事にあげた4つのコツを必ずするようにし、毎回の施術を一所懸命にしていたら。

必ず「次はいつ来たらいいのですか?」といわれるようになり。

再予約が自然にできて当たり前になっていきますよ。

 

 

 - セラピスト・癒し・ヒーリングセラピー , ,