エステティシャンとして知っておきたい4大ニキビ原因

      2017/07/21

今日は。パチコスキー真由美です。

ニキビ肌のお客様にどう対応していますか?

私の経験からすると、ニキビ肌の原因には大きく分けて4つあります。

4つ目はニキビと混乱されているもので、私からすると少し別のアプローチが必要です。

今日はニキビ肌の施術を得意としていない人にも基本としてぜひ知っていてほしい情報です。

 

1:ストレスがこうやってニキビを作り出す原因の一つになっている

rp_business-19156_1280-200x300.jpg

どうやってストレスがニキビの原因の一つにつながるのでしょう?

これはこんな仕組みがあるのです。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つが存在しています。

リラックスした状態では副交感神経が有利に、逆に心理的ストレスを感じると交感神経が優位になります。

交感神経が優位になっていると、交感神経が優位になっていると、副腎皮質ホルモンの

  • アンドロゲン
  • アドレナリン
  • 男性ホルモンのテストステロン

これらのホルモンが分泌されやすくなるのです。

これらのホルモンが分泌されると、皮脂も多く分泌されます。

したがって肌の皮脂が増量して、肌の表面でアクネ菌が繁殖したり、角栓が詰まったりするのです。

 

どうやってストレスを減らすの?

 

だったらどうやってストレスを減らすの?

この疑問が湧いてくるでしょうね。

ストレスに良い、健康になる簡単な方法をご紹介します。

  • 好きなことをやって没頭する(趣味などストレスを忘れて楽しくなることをしましょう。)

 

  • 瞑想、深呼吸をする。(深呼吸は大切です。体のデトックスは実は肺から60%くらい吐き出しているというお医者さんもいます)

 

  • 笑う(笑う療法は今アメリカの医療界でも普通になってきています。高血圧の人がコメディーなどで大笑いした後血圧が下がり、それが24時間後にも下がったままだったという検証があるというのを聞いたことがあります。)

これくらいだったら誰にでも簡単にできますね。

 

2:腸が健康でない

worried-girl-413690_640

腸が健康でないことは、健康全体だけでなく、精神的にも影響を及ぼします。

また、いらないホルモンを体外に出す働きも妨げてホルモンのバランスを崩す要素となります。

この記事を参考にしてください。

腸の健康

これはあまり提案している人がいませんが、私の得意分野のひとつはニキビ肌です。

腸の健康は体、精神のバランスに大きく影響を及ぼすばかりか、その人のストレスへの対応の仕方も変わるくらい重要です。

いらないホルモンを体外に出すという作用もあるのですよ。

ニキビ肌対策にはまず腸の健康に力を入れれば心配症などの精神的なことも緩和され、肌もきれいになっていきます。

これは、私のエステティシャンの経験から言えると確信していることです。

だから、まず腸の健康を整えることを提案していきましょう。

腸の健康を保つということが、楽しく生きる秘訣につながるといっても過言ではありません。

 

3:ホルモンのバランスの崩れ

skull-690246_1280

思春期や、妊娠、出産、更年期。

人間のホルモンのバランスが大きく崩れてしまう可能性のある時期です。

ホルモンの処方はお医者さんでもドンピシャで処方できる人はそういません。

素人判断をせず、プロであるお医者さんを紹介しましょう。

一人か二人、紹介できるお医者さんとつながることが大切です。

 

4:デトックスをしている肌

sunset-1018456_1280

例えばおなかを壊したり、蕁麻疹のようなものが出るアレルギー反応までは体に出てきていない。

でも、それが顔や背中にニキビのように現れてデトックスしようとしていることが多くあります。

これも経験からわかってきたことです。

リンパ腺を流れるように次のところに吹き出物が多く出ていたら、デトックスしている証拠だと思ってください。

  1. おでこなどのヘアライン
  2. こめかみ
  3. 耳の前からのどの横のリンパ腺のあたり
  4. デコルテ
  5. せなか、背骨を挟んで首のところから肩にかけて(放っておくと吹き出物が背中の下の方まで移動します)

こうやってできた吹き出物は特に種のように硬いものが毛穴に詰まった状態になっています。

エクストラクションという吹き出物をとる作業がで取り除きます。

その技術をできる人について学ぶことが大切です。

残念ながら、日本ではできるエステティシャンはほとんどいないのでは?と思います。

エクストラクション

 

アメリカでもできる人は少ないです。

できるというエステティシャンでも技術力が低い人が多いです。

私は平均より上というレベルでしょうか。

ヨーロッパ出身の人について学びましたが、いまだにその人のようにはできません。

エクストラクションはティーンの場合、3週間に一度のフェイシャルでまずは3回ほどでなるだけとってしまうように努力します。

これは肉眼では見えにくい毛穴の穴が見えなくてはできないので、マグニファイングランプという拡大鏡が付いたものを使ってエスくトラクションをします。

マグニファイングランプというのはこんなものです。

IMG_20151217_102552_924

技術を学んででいないのに軽い気もちでやらないこと。

皮膚にあざを作ったりします。

無理にやらないようにしてくださいね。

ここでは紹介だけにとどめています。

 

まとめ

 

にきびの原因は大きく4つに分けられます。

  1. ストレスでアンドロゲン・アドレナリン・テストステロンなどのホルモンが皮脂の分泌を多くするため
  2. 腸の健康のバランスが崩れている為。
  3. ホルモンのバランスが崩れている為。
  4. 肌が体に合わないものをデトックスしようと顔の周り、デコルテ、背中などに吹き出物として現れる。
  • にきびにはエクストラクションと言う施術をして皮脂を取り除くが、技術を学ばず始めると肌にあざを作ったりするので気軽にやらないこと。
  • 一番そつなくストレス、ホルモンのバランスも整う腸の健康を提案していくこと。
  • ホルモンのバランスはホルモン投与を得意とする医者を見つけて紹介すること。

気持ちがいいというFEEL GOOD FACIALを提供するだけではなく、何か肌に結果を出せる施術を目指しましょう。

 

 - アメリカでエステサロン開業, エステサロン開業, 美容・エステ・健康