痩身エステ効果、太ももセルライトを減らすには?

      2017/04/13

girl-1064664_1280今日は。パチコスキー真由美です。

熱くなってきて、これから足を出す季節ですね。

水着の季節でもあります。

セルライトが気になる季節ですね。

痩身エステ、太もものセルライトなど気になってトリートメントしたいと思う時期ではないでしょうか?

セルライトとはナンなのか。どんなトリートメントがあるのか。

自分で日々気をつけることは何ができるかなどかいてみました。

 

セルライトを全てなくすというのは今の最新医療でも無理です。

 

セルライトを減らすことは出来ますが、全てなくすということは今の最新医療でも無理です。

LIPOSUCTIONという脂肪吸引の手術をしても、3ヶ月から6ヶ月でまたセルライトは戻ってきます。

セルライトをなくすという看板を掲げているところは私は信頼できません。

 

セルライトとは?

セルライトって全ての脂肪ではありません。

 

アメリカでは脂肪だといわれていましたが、LIPOSUCTIONという脂肪を取る高額な手術でもセルライトは戻ってきます。

全ての脂肪=セルライトではないんです。

いろんな理論があるのですが、今言われているのは次の理論で、私の意見も今これに落ち着いています。

自分で検証し、他の人の経験談などを聞いたり、医師の友人などに質問して行き着いた意見です。

 

脂肪は毒素を溜め込む

 

体の中に必要のない毒素を体がどのように処分したらいいのか分からず、毒素を脂肪にたくわえることはアメリカの医学会では常識です。

この毒素を体は血液に流していいのか、どうしたらいいのか分からない場合、脂肪の細胞に蓄えることで病気にならないようにします。

リンパ腺が上手く働いていない場合、毒素がリンパ腺から流され、体外に排出されるのがのろくなります。

また、毎日排出してもまた毒素を取り込んでいれば、キリがありません。

そうするとどんどん毒素は脂肪にためられていくのです。

その脂肪細胞が大きくなって、皮膚と筋肉の間などではみ出してきて、でこぼこになったように肌の表面に現れます。

そして硬くなった筋肉や筋膜がリンパ腺の流れを遅くしている場合もあります。

寝布団と毛布の間に枕をいれると、枕の部分がぼこっとでてみえますよね?そんな感じです。

アメリカではよくオレンジの表面に例えられます。

その太った脂肪細胞がセルライトなんです。

でこぼこしたオレンジの皮

 

その毒素ってどんなもの?

 

私がCAでいろんな国を旅した経験から行き着いた意見なのですが。

この毒素は主に食べ物や飲み物、また呼吸する際に知らない間に吸ってしまう体には必要のない科学物質、というのが一番腑に落ちます。

いわゆる加工食品を食べたり、飲んだりする若い世代の人に顕著に現れていることでも分かります。

例えば、私の両親は第二次世界大戦のアトに生まれました。この世代の人たちはぽっちゃりしていても、セルライトはありませんでした。

また、東南アジアなど加工食品でなく、新鮮でその日の食事を手作りする人たちにはセルライトは見かけませんでした。

今の日本の若い人は科学物質を多く含んだ食品を若いときから食べ続けているから、痩せていてもセルライトが出来るんです。

脂肪をなくせばいいというものではないんですね。

 

体にある程度の脂肪は必要

体にある程度の脂肪は必要なのです。脂肪はクッション代わりに体の中のいろんなものを守っていてくれているんです。

引越しなどのとき壊れやすい陶磁器を新聞などでくるんで壊れないようにして箱につめたりしますよね?

脂肪もそのようにクッション代わりに体の中のものを守ってくれているんです。

体に丸みをつけて、スタイルがスムーズ、なめらかに見えるようにしてくれたり。

だから脂肪をなくせばいいというものではないんですよ。

 

加工食品って何?

簡単に言うと、箱や袋に入った食べ物です。レトルト食品などもそうです。

cereal-41319_1280

詳しくしてしまうと長くなるので簡単に済ませますが、スーパーで買い物をするときに箱や袋に入って売られているものと考えるといいでしょう。

こういう食べ物は加工する工程やしたあとの保存のため、いろんな科学物質が使われています。

このいらない化学物質が体内に入ると、リンパ腺で流しても流しても日に日にたまる化学物質を処理できず、どんどん脂肪細胞に蓄積されていくんです。

脂肪をなくすのではなく、どうやってその毒素でパンパンになった脂肪をリンパ腺に流して、肌の表面がスムーズになるかというのが大切です。

 

どんなトリートメントがあるの?

LIPOSUCTION(脂肪吸引手術)

アメリカでは整形外科での脂肪吸引の手術が盛んですが、それが元で他の病気に感染したりしているケースもあります。

脂肪を取ればいいというものではないので、早い人で3ヶ月、6ヶ月くらいでまたセルライトが出てくるので再手術を繰り返してしまう人も多いです。

お値段はいろいろですが、安いもので40-50万、百万をラクに超える場合も多いです。

 

LIPOSUCTIONの注射

 

これは比較的新しいトリートメントです。

血液の循環をよくし、脂肪を燃焼する原料にビタミンB-12などを混ぜてあり、注射することでメタボリズムがよくなり、痩せるというものです。

これはまだ新しいトリートメントであるので、なんともいえないというのがわたしの意見です。

個人的に私は体に必要もないのにメスを入れたり、まだ臨床の実績が長くないトリートメントや何かを体に注入するというのは好きではありません。

おなかの部分は30万円ほど。それから顔のあごの部分ですと1万円前後からあるようです。

 

エステサロンでのトリートメント

おもにリンパ腺の流れを促進することでデトックスするというもの。マッサージで血行もよくなり、それで肌に輝きとつやが生まれます。

私のサロンではこのセルライトのトリートメントでヒップアップもしますし、妊娠線もなくなるという嬉しいおまけも結果として出るので喜んでいただけています。

wellness-285587_1280

 

これはエステティシャンの経験と技術によって値段も違うので、あなたの地域で検索してみてください。

一度でも効果はでる場合が多いですが、最初の頃は硬くなっている部分を揉みほぐすので痛みが伴う場合があります。

5-6回はトリートメントするのがよいでしょう。

私のサロンでは週に2-3回で5-6週間、12-15回のトリートメントをします。

アメリカ人は大きいですし、セルライトもっとありますから。

いつも運動する人は、筋肉や筋膜もぎゅっと硬くなってしまっています。

もみほぐして柔らかくするのに時間がかかる場合も多いです。

 

痩身エステが痛いという場合

 

ARNICA(アルニカ)という薬草を使ったクリームなどを使うと痛みが残りませんし、あざなどの予防にもなります。

エステティシャンの方なら、このアルニカを使った製品をマッサージのときに使うと、後で痛みなどのクレームに繋がることが少ないでしょう。

私のサロンではアルニカを使った薬草チンキをマッサージの前に塗っています。

痛いというクレームはほぼゼロです。

 

キャビテーション

 

これは、超音波の力でキャビテーションの部分を当てた体の部分の中の水分をぶくぶくと気泡させて、そのときに出る圧力で脂肪細胞の分解を行い、脂肪細胞を溶かして流すというものです。

ぶくぶく気泡させるのは、自分がカップに入った飲み物にストローで息を吹き込み、泡がぶくぶく立つような感じを想像していただければいいでしょう。

5-6回のトリートメントをして、少し休み、また再開といった感じが平均的なようです。

こちらの記事を参考にされるといいかもしれません。

キャビテーションエステ Ranking 47

 

自分でできることってありますか?

 

セルライトをなくすということは出来ませんが、増やすのを遅らせたりすることは出来ます。

私がお勧めするのは、体に不自然なトリートメントは避ける。

エステなどでトリートメントを受けて効果を出した後、こういう風なことで効果をキープするというものです。

 

1: 加工食品を避けて、健康な食生活、ライフスタイルを心がける。

健康なライフスタイル、食生活を日ごろから心がけましょう。

それで体だけでなく心のバランスも取れるんです。

食の情報ならば、makimakiさんのブログがお勧め。

このプロフィールを読んでも分かるように、食を通じで心の問題と体重も減らされている方。

記事はいつも本格的にリサーチされてます。

 

2: 歩くなどでもいいので、体を動かすことでリンパ腺の流れをよくする。

 

運動が嫌いだという人もいるかもしれませんね。

体を動かせばいいので、歩くのでも、ペットとの散歩でも構いません。

バス停を1つ前で降りて歩く距離をのばすとか。

エレベーター、エスカレーターを避けて階段を使うようにするとか。

そういう小さな心がけが大きな結果に繋がっていきます。

 

2: リンパのマッサージを時々うける。

 

これだと自分の健康と美容の管理に投資しているので無駄ではありません。

こうして自分をいたわると、オキシトシンと言うホルモンも出て、幸せな気分になれるんですよ。

オキシトシンのホルモンが出ると、きれいになれます。

オキシトシン- Wikipedia

4:エプソムソルト入浴をする。

 

IMG_20150615_150458_489

Epsom salt は 硫酸マグネシウムです。アメリカでは一般によく使われています。

筋肉痛とかだけでなく、デトックスにもいいのです。

腰までつかるくらいの半身浴をエプソムソルト1カップくらい入れてやってみてください。

肌もつるつるになりますよ。肌からマグネシウムも吸収して、精神的にリラックスもします。

血行をよくして冷えにもよいようです。

飲んで便通をよくするのにも使われます。

この入浴をリンパマッサージを受けた夜にやると、デトックスの効果が倍増しますよ。

 

まとめ

 

セルライトは単にすべての脂肪ではありません。

脂肪細胞で毒素を沢山含んでしまい、大きくなった脂肪細胞がセルライトと言う見解が今一番信頼されています。

セルライトのトリートメントにはいろんなものがあり、値段もピンからキリまでです。

不必要に体にメスを入れたり、まだ市場に出て日が浅いものを体に取り込むトリートメントに飛びつくのは考えもの。

キチンと自分でそれがナンなのかを調べ、納得した上で決断しましょう。

普段から健康な生活・ライフスタイルを心がけましょう。

定期的にリンパマッサージを受けたり、体を動かしてリンパ腺の働きを活発にしましょう。

そしてエプソムソルト入浴などでデトックスし、肌もつるつるにしましょう。

 

 

 - アメリカでエステサロン開業, エステサロン開業, 美容・エステ・健康 , , , , ,