エステサロン運営者必見!ハードワックス脱毛の方法【完全マニュアル】

      2016/05/23

ワックス

今日は。パチコスキー真由美です。

今日はハードワックス(固形ワックス)の脱毛の仕方を説明します。

ハードワックスはソフトワックス(油性ワックス)とは性質がちがいます。

ソフトワックスに比べて難しいと思われて敬遠されがちですが、きちんとやり方を学べば大丈夫。

ワックスクイーンになれますよ!

 

ハードワックスとは?

エステサロン経営者なら絶対知っておきたい脱毛ワックスの3つの種類

という記事で詳しく説明していますので参考にして下さい。

 

ワックス脱毛をする前の準備

1:ワックスシートペーパーをシーツの上に敷く

この下の写真がワックスシートペーパーです。

つるつるしたほうを表面として使います。

IMG_20151022_105345_969

 

今日は足の部分をワックスするので足の部分にきったシートを下のように敷きました。

IMG_20151022_105401_363

 

2:ワックスを車輪つき(キャスター)の棚などにのせます

ワックスがたれて床やシーツ、洋服などを汚さないように、キャスターつきの棚などにおいて脱毛をする部位近くに停車できるようにします。

下の写真は3つの収納引き出しがついたものです。分けていろんなものが収納できるので便利ですね。

IMG_20151022_105612_176

 

3:ワックスを温めておき、溶け方を調べる

ハードワックス(固形ワックス)は下の写真のように周りは溶けていて、真ん中は固形のままの状態が一番良い状態です。

IMG_20151022_111842_337

 

この下の写真のようにソフトワックスのように全て溶けてしまっても使えますが、なれないと難しいと思います。

ハードワックスのワックスウォーマーは、温度調節のできるものを購入して下さいね。

IMG_20151018_101725_523

 

4:ビニールかレイテックスなどでできた使い捨て手袋をはめる

 

IMG_20151022_110207_989

5:ワックス脱毛9つの重要注意事項

  1. ワックス脱毛をするときは、使い捨て手袋をするのがMUSTです。
  2. 手袋をしないと免許の試験で落とされます。
  3. 手袋は一人に対してひとつ。
  4. 別の人のワックスをするときは使用したものを再利用などしないこと。
  5. 使い捨ての手袋を使うのは肌の病気などの感染を伏せぐためです。
  6. 衛生と安全が第一です。
  7. ワックスを使うスパチュラも再利用せず、一度使ったら捨てて新しいものを使います。
  8. 何度も同じスパチュラでワックスを使うのはダブルデイップと呼ばれ、禁止されています。
  9. 皮膚の病気に感染してアメリカでは訴えられたケースもありますので注意しましょう。

 

6:ワックスの温度を手首につけて確かめる

この下の写真のようにスパチュラですくったハードワックスを手首につけ、熱すぎないか温度をチェックします。

スパチュラはごみ箱にすてましょう。

IMG_20151022_111924_333

 

6:ワックス脱毛する部分を清潔にする

IMG_20151022_111745_720 (1)

ワックス前のクリーナーで脱毛する部分をふき取り、清潔にします。

日本には特別に売っていないようですので、ティッシュに含まれた消毒剤などを使いましょう。

その後、しっかりと乾かします。

ワックスする部位が乾いていないとワックスが毛を包み込めません。

注意して下さいね。

 

7:皮膚をはがさないためのコツ

IMG_20151022_110318_481

ベビーパウダー、またはオイルをワックスする部位につけておくと肌をはがす確立がかなり低くなります。

オイルを使う場合はよくオイルをふき取って下さい。

今日はベビーパウダーを使いました。

IMG_20151022_111815_936

 

8:ハードワックスを二度塗りする

ハードワックスは肌に吸着力がないので、二度塗りをします。

一度目は肌を抑えながら、毛の生えている方向に塗ります。

足の場合は、ひざから足首に向けて塗ります。

一度目は毛が透けて見えるくらいでも大丈夫です。

皮膚にきちんとワックスがつくように肌に触れるときに少しプレッシャーをかけて塗って下さい。

IMG_20151022_112051_670

使ったワックスはすて、新しいスパチュラで一度目に塗ったところにもう一度重ね塗りをし、2ミリ程度の厚さにします。

 

9:ワックスのふちを持ち上げてはがすときのつかみどころにする

ワックスを塗った後に、このようにスパチュラでワックスをはがす入り口を作っておきます。

はがすときは、ソフトワックスと同様、毛の生える反対方向にはがします。

この部位は足なので、足首のところからひざに向けてはがすので、足首に一番近い部分を持ち上げておきます。

IMG_20151022_112155_239

 

10:ワックスの硬さをチェックする

IMG_20151022_112209_737

ワックスが手袋につかず、キャラメルのような硬さになったらはがすときです。

乾ききってしまうとボロボロと砕けて、はがすのが難しくなります。

今待ち時間でハードワックスは時間がかかるのですが。

なれてくると、この乾いている間に次の部位にハードワックスを塗り、2箇所を一度に脱毛できるようになります。

 

11:ハードワックスのふちをつかんで一気にはがす

下の写真のようにふちをもって一気に毛の生える反対方向へはがします。

IMG_20151022_112224_183 (1)

IMG_20151022_112231_611

 

12:痛みを最小限に抑える為にワックスをはがした部分を押さえる

IMG_20151022_111140_156

このようにワックスをはがした後は、その部位をもう一方のあいた手で押さえます。

これで痛みが半減します。

この写真派ソフトワックスの後に当てた手の写真なので反対の足ですが、やることはおなじです。

気にしないで進んでください。

 

13:剥がしたワックスをおって、次のワックスの部分のはがすふちにつける

IMG_20151022_112417_833

剥がしたワックスは、次のワックスのふちにつけて剥がすのが簡単になります。

剥がしたワックスを毛の見える面を中にしており、外側のつるつるした面を使います。

二つ折りにしたものをあたらしくワックスを塗った部分の剥がす入り口に貼り付けます。

 

14:毛の生える反対方向に剥がす

このように剥がします。そしてまた毛の見える側を中にするように折り、次のハードワックスを塗った部分の剥がす入り口につなげます。

これの繰り返しです。

 

IMG_20151022_112425_556

 

15:ワックスが残っていないかチェックする

ハードワックスは肌に残っていても、ぺろりとはがせるのでオイルを使って綺麗にする必要はありません。

肌を見て、ハードワックスがついている部分はぺろりを剥がして綺麗にしましょう。

 

16:ワックス化粧品で肌を整える

最後はソフトワックスと同じようにワックス下部位を沈静するローションやゲルで整えます。

アロエの入ったものがアメリカではよくつかわれます。

アロエが入っているものは、エタノールが入っていないか、入っていても少量のものをお勧めします。

エタノールが沢山入っていると、肌がひりひりするからです。

IMG_20151022_111442_273

 

最後に

いかがでしたか?

ハードワックスはソフトワックスより慣れるのに時間がかかるかも知れません。

しかし、練習をつめばとても重宝します。

特にビキニライン、脇の下、メンズ脱毛など硬い毛の部分はソフトワックスでは脱毛できません。

  1. 二度塗りをして2ミリくらいの厚さにする
  2. キャラメルのような硬さのときに剥がす

ということに注意すればきちんと脱毛できるでしょう。

是非ワックス脱毛を見方にして下さいね。

 

 - アメリカでエステサロン開業, エステサロン開業