ホリステイックアプローチをセラピストとしてとり入れるとは?

   

 

今日は。パチコスキー真由美です。

私はアメリカのメリーランド州でプライベートエステサロンを経営しています。

エステといっても、アメリカで普通にある美容院と提携しているスパでもなく。

お医者さんが経営するメディカルスパでもなく。

 

BODY/MIND/SPIRITのバランスがとれ、お客様の本質が発揮できて輝けるようにホリステイックアプローチという事を志としています。

今日は私の考えるホリステイックアプローチを記事にしています。

 

ホリスティックとは

ホリスティックとは、一部分だけに焦点を当てるのではなく、全体的にとらえるといいう事です。

ホリステイックアプローチとは、全体的に考えてアプローチするという事。

例えば一般にいろんな患者さんを診るお医者様と皮膚科、循環器家など専門分野だけの患者さんを診るお医者さんがいるように。

私のサロンではこのような考え方でホリステイックアプローチを行っています。

 

エステをしていてのホリステイックアプローチとは何か

動画で説明しているので、この動画を観ていただけるのが一番です。

 

自分の専門分野だけでは根本的な改善になっていないと気がつき。

様々なセラピーを専門とするセラピストさん達とつながり、仲間になることで。

セラピストとしての皆の焦点が

  • お客様のBODY/MIND/SPIRITのバランスが保て
  • お客様の本質、本領発揮ができ
  • 人生を謳歌していただけるようになるために皆それぞれ出来る部分でお手伝いをする。

自分一人がお山の大将ではなく、皆で協力してお客様にベストになることを提供しあう。

これがホリステイックアプローチだと考えています。

そのためにはセラピストの仲間を作り、怒の繋がりを作ることが大切になっていきます。

 

セラピスト仲間を作ることがカギ

 

自分のお客様の肌の状態を観ていて、表面の皮膚へのアプローチだけではニキビなどが起こる原因に行きつけない。

何を勉強しなければいけないのだろうか?

 

そんなことをエステ開業の前に弟子入りしていた時に感じ。

まずビタミンや栄養など食生活について勉強するとともに。

エステサロンが部屋を借りていたウェルネスセンターというところで様々なセラピーを行うセラピストさん達と知り合うことができました。

 

ウェルネスセンターとは一つ屋根の下にいくつかの施術室があるセンター。

マッサージセラピスト、鍼灸師、エネルギーワーク、整体など。

得意分野の施術を提供する人たちが間借りしているセンターです。

 

話がずれますが、あなたがアメリカで開業しようと思っていらっしゃるセラピストであれば。

一人で開業するよりもウェルネスセンターを探して間借りすることにより、仲間もできる可能性も出るのでお薦めします。

アメリカで自宅サロン・ウェルネスセンターなどに個室を借りてサロン開業するコツ

 

 

ウェルネスセンターで次から次に勉強していく課題がわかり。

最初からある程度「結果」が出せて信頼されているセラピストさん達に出会えました。

 

自分の専門分野で信頼していただける「結果」が出せることは当たり前ですが。

それ以外の分野では勉強してある程度把握しても、エステサロンで提供するサービスではない場合も多くあります。

自分の専門以外でも「この人は信頼できて、お客様を紹介できる」という人達のリストを作っていきました。

あなたもセラピストとして横の繋がりを作ることがとても大切だと考えているのではないですか?

 

セラピスト横の繋がりの作り方:私がやったこと

 

私は特に開業当時、予約表も埋まっていない時はとにかく人脈作り。

特にセラピストの方と知り合う事を課題の一つにしていました。

毎月3人は新しいセラピストの知り合いを作る。

それで周りの人に聞いてみたり、調べたりしてオフィスに話を聞きに行ったり。

施術を受けに行くため予約を入れたりしていました。

 

しかし、いつも施術を受けられる(対価を支払う)にも限度があったので、次のようによく提案していましたよ。

「もしよろしかったらお互いの施術を交換セッションで体験しあう事はできますか?」と。

 

同じような考えで、他のセラピストと横の繋がりを作っていきたい。

また相性が良いセラピストさんですとほとんどOKです。

お互いに施術に納得、感激してお客様を紹介しあうようになったのです。

 

しかし、中には横の繋がりを作れない方もいます。

こういう点がないかなど注意してみてくださいね。

セラピストの良い横の繋がりづくりができる為の注意点

信頼を失っているのはこの部分かもしれない!紹介してもらえない訳

 

最後に

 

セラピストとして自分が出来ることには限度がある。

そう思いたくない。自分はとても素晴らしいセラピストだと何でも一人でやってしまおうとすると必ず結果に繋げていけない部分が出てきます。

自分の専門では「結果」が出せるのですから、他の分野の専門の方を探し当ててお互いに協力していけるような仲間を作る方がすべての結果につながりやすく。

その結果あなたの信頼がますます深まるのです。

紹介できる人を探すためにある程度の自分での勉強も大切です。

紹介した人の結果があなたの評価の一つにつながることも理解し。

きちんと施術を受けて自分の意見や体験を話せることも大切です。

誰かが自分を見つけてくれることを願って待っているのではなく。

自分で行動して横の繋がりを作っていきましょう。

そのうちに切磋琢磨できる仲間も見つかり。

人生の上でも仲間に囲まれ、充実したセラピストとしてワクワクして仕事ができるようになりますよ。

 

 

 - セラピスト・癒し・ヒーリングセラピー , ,