エステサロン化粧品選びから販売でエステサロン経営が安定する方法。

      2017/07/21

今日は。パチコスキー真由美です。

あなたがエステサロン経営をしているのであればエステ専用の化粧品を持っていることは当たり前ですね。

最初に化粧品をそろえる投資がありますが、いったん取り入れると安定した収入源になり、経営が安定する要素になります。

この化粧品をただ何となくやっているのでは本当にもったいないです。

今日はどのように専売品の化粧品を見つけるのか。

それからどのようにしてその化粧品を定期的に販売できる一つの収入源としてもっていくのか。

そして年間安定した売り上げに繋げる要素に出来るのかについて記事にしています。

 

エステ専売品化粧品と普通の化粧品の違い

 

購入の際の最低条件

 

これは会社によって違うのですが、エステ専売品というのはきちんとその化粧品の使い方を学んだ人が使えるもの。

アメリカですとまず免許の番号とEINというビジネスでの税金を払うときの番号が必要となります。

プロできちんと税金などもきちんとビジネスとして納めている(勿論個人でもEINがあれば大丈夫です)番号を持っていることが最低条件です。

会社によって最低限度の購入を義務づけるところもたまにありますが、普通はそこまで購入してくれる人に厳しくありません。

 

エステ専売品はプロ用に一度の施術でも結果が出せるような配合で作られる

 

一般に薬局やどこででも買える化粧品というのはアレルギー反応を抑えるために配合が薄めてあるものです。

アメリカで言いますと誰もが知っているXXXAYという会社は配合の90%が水だといわれているのを化粧品会社に勤めて調べたことのある人から聞いたことがあります。

敏感肌でも使えるといううたい文句なのですが、水にアレルギー反応を起こるという人は確かにほとんどいないでしょうから納得ですね。

プロ用の場合、それよりも配合が濃縮されていることが多いです。

とはいえ会社によって違いますから一概には言えません。

そしてその化粧品のラインは一般の薬局などにはおろさないのが普通です。

そこで肌のプロのエステティシャンだけが扱えるという事が多いのです。

 

エステサロン化粧品の差別化はとても大事

 

あなたが他のエステサロンと同じではどこであなたが与える付加価値があるのか?というのが大切になるのです。

まずエステサロンとしても自分の立ち位置を考えてから専売品の選定をしましょう。

ビジネスでの自分のポジショニング(立ち位置)を定めよう

 

エステ化粧品の選び方

 

エステ化粧品を探すには、まず自分が出したい結果から逆算して成分配合で選ぶ

 

結果:にきび肌のにきびをなくしていきたい。

この結果を出したいのであれば、にきび肌にきくという施術ができる化粧品を幾つか試してみます。

1つではない場合もあり得ます。

例えばにきび肌は肌のターンオーバーと呼ばれる角質層が普通28日であるのが遅れていることが多いです。

それからまた肌の表面でにきび菌が繁殖しているので肌の表面を乾燥させるようにできている製品が多いです。

でも、にきびはあっても肌が皮脂が余分に出ておらず、どちらかというと過敏になっている肌ですと逆効果。

そんなことを考えながら成分配合で選ぶことです。

この記事にどこで化粧品の情報が得られるのか。

またどんなことをポイントとして選ぶのか書いていますので参考にしてください。

エステサロン経営で重要なエステサロン化粧品をどうやって探して選ぶのか?

 

エステサロン専売品を選んだら、こうやってメニュー作りをする

 

エステサロン専売品は施術だけでも効果が出ますが、たいてい自宅でのケアでも取り入れることで効果が持続できる作りになっています。

ですから自宅でのケアも素人が薬局で選んだ肌の状態に合っていない間違った化粧品を使われるとあなたのエステの効果も台無しになりかねません。

そのことを考慮して

  • なぜこの専売品をおすすめするのか
  • どういう効果を期待してすすめているのか

要らないものを売り上げを上げたいために販売しているのではなく、プロの視点からエステに投資したことを台無しにしないために必要なものだけをお勧めするという考え方です。

 

私の場合は施術を4回受けるとの承諾で前払いされるBOOT CAMPと呼ばれるメニューがあります。

そのメニューを選ぶと最初に必要な基礎化粧品がその人それぞれ私が厳選して選び、特典としてついてきます。

  • 施術の効果が最大限に出るのをキープできる。
  • 知らない化粧品を陰で使われて成分が肌に合っている、いないの判断を鈍らせることがない。

というメリットが私側にあり、お客様側には

  • 施術の料金だけで化粧品代金を払わなくてよい
  • 化粧品が切れるころは3-4か月後(製品によっては)くらいなのでなくなった時に買い足していけばよい。

というメリットがあり、ほとんどの人が選ばれます。

こんなことも含めてコツを記事にしていますので参考にしてください。

エステサロンで化粧品販売を軌道に乗せるために私がやっている秘密の事

 

エステサロンの閉散期をなくして一年間経営ができる要素に繋げる

 

エステ専売品化粧品はお客様に必要なものを購入していただき、エステの投資を継続していただくための大切な要素です。

そのほかに収入源としてもエステの施術だけに絞っていると体調を崩したり、入院したりする場合に収入がゼロになってしまいます。

エステサロン経営者が暇な時がないようにしていく方法:私がやっていること

 

この記事を読めば閑散期をなくしていく、一年間安定した経営をする大切さ。

そのためにも自分がお勧めできる化粧品を持っていることが重要だとわかっていただけたでしょうか?

あなたがほれ込んだ化粧品であればあなたのフアンであるお客様はあなたから購入します。

施術がない日にもメールやテキストで化粧品の注文などが入るのです。

 

まとめ

 

エステティシャンは肌のプロ。

あなたがほれ込んで、お勧めできるエステサロン専売の化粧品を探しましょう。

会社によって契約のポリシーがありますのでそれを自分の経営と比べて相性の良い会社を選んでください。

化粧品を使わないといういう人はほとんどいません。

あなたから買わなければ薬局などで素人判断で肌の状態に合わない化粧品。

又はあなたのエステにせっかく投資したのに効果を無駄にするような化粧品を使われたら残念ですよね。

  • あなたがほれ込むことができる化粧品で必要なものを吟味してお勧めする。
  • 化粧品を組み込んだメニューなども作ってみましょう。
  • そして化粧品が切れたら皆が注文をしてくださるような体系にしていきます。
  • 閑散期がないように行事などもうまく利用して施術が少ない月でも安定した売り上げが出る収入源として化粧品販売キャンペーンなども作ってみましょう。

これであなたも、あなたのお客様もエステの効果が持続出来て益々喜んでいただける経営ができるようになりますよ。

 

 

 - アメリカでエステサロン開業, エステサロン開業, ビジネスマインド ,