インプットとアウトプット。無から有を生み出す人になれ!

      2017/07/27

今日は。パチコスキー真由美です。

今、有料コンテンツコースを作成しています。

初めての試み、いろんなことを学びながら予定していた時期より2-3か月遅れで発表になりそうです。

先日、LAでブログについてのセミナーをした時にも心に残った言葉と何人かに言われたのですが。

「無から有を生み出せる人になると強い」ということをちらっと話しました。

今日は例を挙げながらインプットをアウトプットをしている人は強い。

そしてそれが無から有を生み出すことにつながるかを記事にしています。

 

みんなが好きな北海道の植村努さん

TED TALKで一躍有名になった植村努さん。著書も何冊かあるようですね。

帰国したらぜひ購入したいと思っています。

彼がこのTED TALKで言っていることはまさしく「無から有を生み出せる人になること」なのです。

とても感動する話で、私はいつかアメリカ人の友人たちを連れて日本ツアーの中に彼のビジネス見学に行くのをゴールのうちの一つにしています。

まあ、あと5年くらいの間にやりたいです。

 

この動画を観た時。

日本にもまだまだこのようにして我が道を進んでいる人が沢山いるのだ!と感激しました。

 

インプットとアウトプット

 

インプットとは自分で学んだり、本を読んだりして知識として身に付けたり、技術として身に付けたりすること。

アウトプットとはその学んだものを書いたり、動画にしたりして情報として配信することです。

「教える」というのもアウトプットです。

アウトプットをすることによって

  • どうプリゼンテーションすればもっとよく理解してもらえるのか
  • 聴覚・視覚など学び方が違う人たちが一つの会場にいるからどうやって大多数の人に良く理解してもらえるのか。

こういうことを学んで行くことで自分の説明が足りないと感じたら例を挙げてみたり。

面白い別のトピックを話してつなげてみたり。

運動したり、体を動かして学んだり。

教えるコツを学んでいくのです。

やればやるほど自分の全体のスキルが上がっていき、知識もただ本で読んだだけの人たちなどよりも数段深く理解ができていく、というサイクルが生まれます。

 

専門の知識が深い人ほどこんなの無料で教えていいの?というレベルを公開できる

 

これが私の考えです。

ですからブログを今配信していて別の業界でも役に立つ情報を惜しげもなくそして上手に記事に出来ている人をとても尊敬します。

例えば、私はエステの開業術をブログで配信しています。

それからエステの技術なども。

会社を設立するのはどんな風に日本でなっているのか?ということをしらべていて、尊敬する税理士の物種さんという方の素晴らしい記事を見つけました。

この記事を紹介しています。

普通の会社設立に関しても?だった人たちにすぐにブックマークされて行動を起こすときには物種さんに頼もうという人が何人もコメントされていました。

エステ開業、エステサロン会社設立を考えている方に

 

無料で有料レベルのコンテンツをシェアできる人の販売する有料コンテンツは濃い

 

これは本当にそうです。

例えば無料E-BOOKなどをダウンロードしてみてください。

自分が「いいな。これが無料で提供できるの?」と思うものであれば、有料のものを買っても後悔することはそんなに起こらないと思うのです。

 

アウトプットしてきたことからできた賜物

 

その無料のコンテンツは勉強に勉強を重ね、アウトプットしてきたからこそ別に惜しむこともなく提供できる素材になったのですね。

もっとわかりやすく言うと、それよりもう数段上のレベルのことを理解しているのでシェアして惜しいと思わないのです。

また、自分で考えて行動に移して学んできたことが蓄積されていくことで、その業界のエンジニア的な存在になるのです。

仕組みやモノが作られる本質を学んだので、応用がきいていき、無から有を生み出せるようになります。

 

無から有を生み出せれば怖いものなし

 

こうやってインプットとアウトプットを繰り返していると自然に無から有を生み出せるようになっていきます。

今まであるものの応用が多いでしょうが、それでも周りからしたら目から鱗が落ちる情報なのです。

こうやって自分の脳をもっと活用できるようになると創造力が増してきます。

何事も練習なのです。

最初から天才的な創造力をすべての人が持っているわけではないでしょうが、何百人という中で際立つ、覚えてもらえる人になるのは練習をした人ならできないことではないと思います。

またそれを繰り返しているうちにいつの間にか、自分の地域で、都道府県で、日本で知られるようになり。

果てには海外にもその情報を普通にシェアできる人間になるのではないかというのが私の理論です。

あなたの業界で「無から有を生み出す人」をぜひ目指してください。

 

 - アメリカで思うこと, ビジネスマインド , ,