エステティシャンとして知っておきたい3つのしわの最大原因

   

今日は。パチコスキー真由美です。

エステティシャンとしてしわの悩みを持ったお客様は多いのではないでしょうか?

しわを作る3つの最大原因を記事にしています。

 

1:肌の老化の一番の原因は紫外線

 

肌の老化の原因の80%以上は紫外線が原因です。もちろんこれはしわを作る原因でもあります。

紫外線はAとBとCがありますが、Cはオゾン層に吸収されて、地上で私たちが当たるのはAとBです。

その中でも紫外線BはAよりも肌の奥まで浸透します。

この紫外線が肌の中のコラーゲンとエラスチンに影響を与えます。

コラーゲンがベッドのマットレスだとしたら、エラスチンはベッドの中のスプリングです。

ベッドに乗ると弾力がありますよね?

紫外線は特にこのスプリング、弾力を破壊してしまうのです。

ベッドに横になると、弾力がなくてマットレスに体が沈んでいく感じ。

お肌にハリがなくなります。

bed-881120_1920

 

1:日光に当たるのは何時がいいの?

 

紫外線はビタミンDを生成するので日光に全く当たらないというのも困ります。

午前11時から午後3時までが紫外線が強い時間帯だといってよいでしょう。

この午前11時から午後3時までを除いた時刻に散歩などをしましょう。

 

2:糖分のとりすぎでGLYCOSYLATION(グライコサイレーション)が起こる

 

糖分をとりすぎると、糖分がタンパク質をベタベタとしてくっつきやすいテープのような状態にしていしまいます。

これを英語でGlycosylation( グライコサイレーションとアメリカ英語で発音します)といいます。

office-899351_1280

テープの接着面をっくっつけるとこんな風になりますよね?

肌の表面にもこんな感じでしわができるのです。

IMG_20160204_132257_616

糖分は砂糖だけではなくて、炭水化物、果物、アルコール、いろんなものに含まれます。

糖分をとりすぎる食生活をしているとしわになりやすいのです。

糖分をとりすぎる食生活をしていないか見直しましょう。

 

3:たばこ

woman-918616_1920

煙草を吸うと、体内のビタミンCを多く使います。

ビタミンCはコラーゲンを生成、再生するのにとても大切な成分です。

コラーゲンはファイブロブラスト細胞というのが生成する役目を果たしています。

コラーゲンを作るといっても、ファイブロブラスト細胞を刺激しないものは役に立ちません。

ビタミンCと多く使ってしまうので、コラーゲンの再生ができなくなり、だんだんとしわが増えていくのです。

また、たばこを吸うことで唇をすぼめることが多いので、特に唇の周りのしわが目立つようになります。

これはストローを飲み物でよく使う人も要注意です。

 

まとめ

 

肌のしわの3大原因はこれです。

  1. 紫外線:肌の老化の80%以上は紫外線からの害だといわれています。
  2. 糖分のとりすぎはGLYCOSYLATION: グライコサイレーションを起こしてしわを引き起こします。
  3. たばこ:ビタミンCを体内で使うのでコラーゲンの再生ができにくくなり、しわにつながります。また口をすぼめることが多いので口の周りのしわにつながります。

これらのことを心にとめてエステをし、お客様に適切なアドバイスができるようになってくださいね。

 - アメリカでエステサロン開業, エステサロン開業, 美容・エステ・健康