食べ物があなたを作る!

      2017/04/13

こんにちは。パチコスキー真由美です。

私はなるだけ野菜やお豆などを使った料理を心がけています。

日本の料理ってヘルシーですが、アメリカって下手をすると全く野菜をとってなかったりするんです。

ケチャップがトマト素材で野菜を取ったと計算されるという、恐ろしい実情です。

potato-612242_1280

だから、50代に入ると、皆 いくつか薬を常用しています。60%が肥満と言う、悲しい現状です。

日本では太めでも、モデルなの??といわれますよ。

 

私は何故太ったアジア人がいないのか?とよく質問されます。

 

やはり、食生活にあると思うんですよね。

 

日本ではよくあるきますから、運動もそこそこやっています。

 

アメリカって何でもドライブスルー。車社会で都市部以外では歩きません。

 

この2-3日、凄く忙しく、食事がつくりだめできていませんでした。

 

私はこの間、忙しいのにかまけて2-3日分の料理を作れずじまい。

 

優しい夫が料理をしなくてもいいようにとピザを取ってくれたんです。

翌日はホットドック。。。

そして昨日はハンバーガーを作ってくれました。

 

忙しいのもあったのですが、体の調子が疲れていまいちだったので、こういう食生活では体や脳に栄養を全く与えておらず、疲れが増していたのだと思います。

 

もちろん、ラブラブでいるために、そんなことは彼には言いません。サラダを作ったりしてなんとかバランス取れるようにしましたよ。

 

これって、忙しい人、料理の経験が浅い人にも似たようなことがあるのではないかと思うのです。

 

私が航空会社で仕事をしていたとき。

学生を終えてすぐに海外に就職だったので、自分で料理をつくるのが出来ませんでした。ほとんどが外食。

 

忙しいので時々エネルギーバーのようなものも食べてました。

 

ある日先輩に、” そんなもので栄養が取れるわけないでしょ!!! ” といわれ、そうだな~とおもったものの、どんな食事を作っていいのか分かりません。

 

料理教室のようなものに参加したり、友人にレシピをきいたりして時々料理をするようになりました。

 

YOU ARE WHAT YOU EAT.

食べているものに栄養素がはいっていない=いつも空腹感がある。

food-712667_1280

アメリカでももう一般に知られているのですが、栄養のない、カロリーだけの食事を取っている人が増えています。

 

うつ病などの精神的なものも、実は食生活の改善で大きく改善されるのはよく知られてきました。

 

体を機能させるのに必要な栄養素を食べていないので、体が ” 食べ物がいるよ~~~。” とメッセージを出すのです。

 

食べても食べてもおなかがすいたと誤解して、また食べたくなるんです。

 

あなたの気分が優れない、なんか気がめいりがち。。は実は食生活かも。

 

こういう食事ばかりだったら、食事の仕方の見直しをお勧めします。

1: 外食ばかりする。

2:コンビニのお惣菜ばかり食べている。

3:砂糖・カフェインの入ったものをとることが多く、それがエネルギーになっていると誤解している。

 

じゃあ、どんなところでいい情報が探せるの?

ブロガーで安楽真生子さん(あんらく まきこ=通称まきまきさん)と言う方がいます。

彼女、ブログ設立して12日目に2000PVを出した、注目されているブロガーさんです。

 

彼女は自分の心理的な問題も、食事を通して改善されました。

それから体重もいい食生活をすることで減らした方です。

 

ブログの1記事1記事、凄く内容の濃いブログです。

是非参考にしてみてくださいね!

 

血圧を下げる方法。薬を飲む前に私が母にすすめたもの。

PMSの対策。重い月経前症候群だった私に効果のあった薬を使わない10個の方法。

 

まとめ

体の疲れ、心の疲れはもしかして食生活が原因かも。

外食、コンビ二食、砂糖、カフェインに頼り過ぎない。

まきまきさんのブログなどを参考にしてみる。

 

 

 - ビジネスマインド, 美容・エステ・健康 , ,