人生山あり谷ありを強みにに変えるには?

      2017/07/26

今日は。パチコスキー真由美です。

人生は山あり谷ありです。

今あなたがへこんでしまっているとします。

この経験を糧にして強みにするのか、それともトラウマにするのか。

これはあなたの選択にかかっています。

メンタルタフネス。メンタルの強さがきめて。

マインドセットが決め手とよく言いますが、どうやったら何でも糧にして強みにすることができるのでしょう?

今日はそのことについて記事にしています。

 

なぜ自分にこんなことが起こるのか?何も悪いことをしていないのにという考えは持たない。悪いことをした人にだけ人生のチャレンジが与えられるのではない。

 

人生では時々試されるようにいろんなことが起こります。

いい人なのになぜ病気になってしまうのか。

自分は悪いことをしていないのになんでこんなことが起こるのか?

自分は運が悪いのか?

私は人生に運がいい、悪いはなく、自分が起こったことに対する考え方を対応の仕方で結果が変わるだけだと思っています。

運も体と同じで自分の運を鍛えられるというのが私の持論です。

運がいい・悪いは自分次第

 

追い詰められて嫉妬や嫌がらせをするようなら環境を変える

 

自分が周りに悩んでいることや苦しんでいることがあってそれが長いこと続いていると。

周りにいる人、助けようとしてくれている人に突っかかってしまって距離を置かれてしまったり。

自分が思うようにできないことを達成して輝いている人に嫉妬してしまったり。

嫉妬することがあってもそれを自分のこれからの努力をどうやったらいいのかの対策を考えること。

嫌がらせをして足を引っ張ったりしてもいいことはないと思います。

人生って何十年もあるんです。

いつかやったことに対する対価が人生で支払われます。

嫌な自分になってドロドロになるよりも、自分が一番自分の可能性を伸ばせるところはどこか。

それを考えて時には環境を変えてみるのもいいことです。

悪いことがあってもまたいい時がめぐってきます。

女性起業家で落ち込んだときは2・6・2の法則で負のスパイラルを脱出!

 

谷は悪いところではなく、新しい挑戦ができる時期というマインドセットを持つ

 

私が思うのは、人生の谷間って言われているほど悪いものではないという事です。

今までの人生を振り返ってきて、谷間にいる時は精神的に苦しかったり。

いつになったらこのくらいトンネルを抜けられるのか?と不安になったりもしました。

でもその時、これは与えられた人生の課題、宿題である。

だから、学んでこれからこういう時にはこのような対処をとればいいんだとわかればいいだけ。

そのために一所懸命にリサーチし、行動。

実践・検証・改善をやるだけ。

そうやっているうちにいつの間にか上向いて新しいことも学び、自分の強みが増えていることに気が付くはずです。

 

経験がないところからのアドバイスは心に届かない。経験したあなたは経験が強みになる。

 

今苦しいならば、この経験をこれからする人たちにアドバイスができる。

勇気づけたりすることができる。

後で自分が周りを励ますことができたり、頼りにされたりしてよかったと思うこともあるでしょう。

同じ経験をした人からのアドバイスが一番心に響きますからね。

今、どんなにつらくても、将来あなたの声で勇気が出たり救われたと思う人が出るかもしれません。

今谷間いるときは長い目で見た本当の意味が分からないことがあります。

だから自分の強みがまた一つ増えたと思いましょう。

絶対にいいようにしかならないという信念をもって自分の人生を信じることです。

 

希望(目標・ゴールなど)と不安はどちらも可能性というだけ

 

私が経験してきて思うのは、希望と不安も可能性というだけでまが現実化されていない想像。

心に浮かびあがれば上がるほどその液体の状態のような想像がだんだん固まりだしてきます。

ゼリーのように固まっていくと説明したらいいでしょうか?

それで形になると現実化するというのが私の持論。

ですから不安になるときはその不安になることをなるだけ考えないことです。

これから書くことをやるだけでも谷間の間の学びが短時間でできてまた次の山に迎える準備ができます。

そうすると自然と希望(目標・夢・ゴール)のことを考えるようにメンタルを切り替えるのマインドセットが出来上がっていきます。

 

不安になったらこうすることで不安の実現化をなくしていく

 

1:その不安になることを頭から出すように自分を忙しくします。

掃除をしてもいいし、片づけをしてもいい。

勉強をしたり本を読んだり忙しくしてその不安に注目する時間をなるだけなくすこと。

 

2:不安と対面し、不安が現実化しなようには自分に今何ができるのか考える

不安になって何にも手につかないという状態では益々不安なことを考えてしまうだけ。

不安になることが起こらないようにするための解決策は考えられないか?

紙に書き出してみたりして具体的にアイデアを考えます。

アイデアが一つでも浮かべばこっちのもの。

それに続いてあと幾つか出てくるからです。

 

3:行動する

 

1に行動、2に行動。

とにかく何か行動を起こすことです。

ネットで検索して調べてみたり、電話をしたり。

図書館に行って本を借りてもいいです。

どんなことでもいいのでまず動き出すこと。

いったん動き出すといいテンポが生まれ、物事が前進していきます。

 

最後に

 

人生には山あり谷ありです。

でも山の頂上にいる時がいい時ばかりとは限りません。

長い目で見ると結構山の部分でこうしておけばよかったのかな?

と谷間に来てから思うこともあるでしょう。

谷間は私の中でしばらく停滞して新しい登山に向けての準備中という感じ。

起きたことでどんなにつらくても課題、宿題と思ってその経験から学びます。

それを繰り返しているとパターンでわかるようになったり、予測できて大きな谷間に降りずに橋を見つけられたり。

その都度学んで賢くなっていきます。

こんなマインドセットと持つと、人生山あり谷ありを自分の強みにかえられますよ。

 

 

 - アメリカで思うこと, ビジネスマインド ,