オーガニック化粧品は肌に優しい?エステ(肌)のプロ重要知識

      2017/07/25

 

今日は。パチコスキー真由美です。

エステをしているプロであればよく聞かれるオーガニック化粧品。

本当に肌に優しいのかどうかという事や、敏感肌にも安心と思っていませんか?

勿論肌に有害になるものが入っていないことなどは悪いことではなく、私もサロンでオーガニックラインの化粧品も取り入れています。

しかし、それはオーガニック化粧品が良い、肌に安全であるという事で選んでいるのではないのです。

 

肌に優しい。

敏感肌にも安心。

 

というのはオーガニック化粧品であるから大丈夫というのはちょっと違うという点。

その点はプロでもよく勘違いしている人が多いです。

今日はオーガニック化粧品をきちんとバランスよくとらえるための記事です。

 

オーガニック化粧品とは

 

オーガニック化粧品とは有機栽培で作られた肥料や農薬を使わずに栽培された主に植物などの素材をもとにして作られた化粧品です。

防腐剤なども使わないため長持ちがせず、防腐剤の代わりに精油を使って素材がすぐに劣化するのを防ぐようにしたり、会社によっては銀を使っている会社もあります。

長持ちできないので、注文してから作るという方針をとっている会社もあります。

しかし、食料として使われるオーガニックと化粧品に使われるオーガニックでは違いがあります。

化粧品においては化粧品会社の独自の判断によってオーガニックという言葉が使われているのが現実のようです。

 

無添加・自然派・天然化粧品とオーガニック化粧品の違い

oil-1205635_1280

オーガニック化粧品と混同されるのに「無添加」「天然」「自然派」というのがあります。

 

無添加とは

 

無添加とは、人工の添加物が含まれていないという意味。

合成色素や防腐剤、石油系界面活性剤が含まれていないという事です。

アレルギー反応を起こしやすいものを省いているという事で、オーガニックとは違います。

 

天然・自然派とは

 

天然、自然派とは植物由来の成分、植物エキスを多く含んだ化粧品という事。

合成の素材も含まれていますが、植物からの成分の割合が多いという意味です。

 

オーガニック化粧品に入っているアンチオキシダント(酸化・肌錆を防ぐといわれる成分)は肌に大きな変化をもたらすのか?

 

オーガニック化粧品は防腐剤などを使わない代わりに化粧品の劣化(酸化)などを防ぐためにアンチオキシダントといわれる成分が多く配合されていることが多いです。

それを肌に働きかける成分として勘違いしている人も多いようです。

化粧品のふたを開ける度に化粧品は酸素にさらされ、化粧品が酸化する原因となります。

酸化が化粧品の劣化につながります。

食べ物で言うと腐っていくわけです。

 

アンチオキシダントの成分の多くはこの酸化を防ぐために大量に含まれているのです。

ですから肌に浸透し、肌に影響を与えるために残っているものはふたを開けるたびになくなっていっています。

化粧品には酸化を防ぎ、製品の劣化を防ぐために配合されてるものと肌に影響をもたらすものと大きく分けて2つの観点から配合されているという事を把握しておきましょう。

長持ちもできないので、早めに使い切ってしまうことをお勧めします。

 

化粧品かぶれ・アレルギー反応はオーガニックである・ないに限らず起こる可能性がある

 

さて、本題の「オーガニック化粧品は肌に優しいのか?」という部分について考えていきます。

例えばあなたがアーモンドにアレルギー反応がある場合。

アーモンドを使用しているオーガニック化粧品にアレルギー反応を起こしてしまう可能性は大です。

特に食べ物で過敏反応を起こしてしまうものは化粧品でも同じことが起こります。

ですからオーガニック化粧品が肌に優しいか?というのとはちょっと違うのですね。

敏感肌でもその敏感に反応するものがなんであるのかを知っておくことが大切です。

肌に優しいという事でアレルギー反応も起こらず、安心だという誤解を信じてオーガニック化粧品を扱う人も多く、現に私のサロンで何人ものオーガニック化粧品でかぶれたという人を見てきました。

オーガニック化粧品が「良い・悪い」ではなく、一人一人が反応するものは違い、アレルギー反応が全く出ず、100%安全というものは存在しない。

というくらいに構えていた方が何かの反応が起こった時に、あなたも冷静にプロとして対処ができ、お客様にも安心感を与え、大きな問題へと発展していくことを防げます。

 

化粧品かぶれをした時の対処の仕方

 

もしも化粧品かぶれを起こしてしまうようなことがあれば、この記事を参考にして対処してください。

対処の仕方を教わっていないエステティシャンの方は意外に多いので、この記事は保存版です!

知っておきたいエステティシャンとしての化粧品かぶれ応急処置

 

 

最後に

 

オーガニック化粧品が良い・悪いという判断ではなく、いつもお客様の体とその化粧品の相性がいいかというのがカギになります。

100%安全で誰にもアレルギー反応が怒らないという化粧品は存在しないというくらいの気持ちで化粧品をとらえること。

そうしないと反応が起こった時にどう対処していいのかわからず戸惑うあなたを見てお客様が失望してしまいます。

オーガニック化粧品=肌に優しいという事ではないという事をお客様にも知らせていけるエステティシャンになってくださいね。

 

 

 - セラピスト・癒し・ヒーリングセラピー, 美容・エステ・健康 , ,