エステのプロとして知っておきたい2つの重要な部分。

これがないとまずエステの効果は半減します。

それとともにご紹介する5つのパック浸透法。

短時間で一つでもより多くの効果を出し、お客様に実感していただけるようになる方法を動画・写真入りでアメリカでヒーリングエステサロンを経営するパチコスキー真由美が記事にしています。

エステで知っておきたい2つの重要なこと

こちらの動画で説明しています。

この動画で説明しているOCCLUSIVEとDIFFUSIONができなければどんな高価な業務用製品を使ってもエステの効果は半分以下になります。

是非動画を観て自分がこの部分を理解できているかどうか確認してみてくださいね。

 

OCCLUSIVE、DIFFUSIONを促しパックを短時間で浸透させる5つの方法

1:蒸しタオル

 

蒸しタオルはスチーマーよりも均等に肌を温めることもでき、そして肌を覆うことでオクルーシブ状態が出来上がり、一石二鳥。

この方法は誰でもすぐにできる方法でパックの上から蒸しタオルを置くことでパックの浸透時間の短縮にもつながります。

 

2:シートマスク

アジアでは昔から馴染みのあるシートパック。

アメリカでは最近知られるようになったパック方法で主に化粧水など水分を含むものをパックにするときに使います。

このシートがオクルーシブ状態を作ってくれますのでこれだけでもよいのですが。次のことをプラスすることでより浸透を促進するものがあるのです。

3:ハイフルクエンシー(写真に入っているオレンジ色の道具)。

ハイフルクエンシーは紫色であったり、このようにオレンジを帯びたものでネオンサインの原理。

この場合はグラスのチューブに紫やオレンジ色が出る道具でニキビエクストラクションの後に肌を清潔に保ち。

ニキビを落ち着かせるために使うことで知られています。肌の上をスムーズに動かせしていくためにガーゼを肌の上に敷いて使うことをエステ学校で学びます。

肌の上をスムーズに、滑らかに動かせればガーゼを使わなくても大丈夫です。

ただし、使用後はエタノールなどできちんと掃除し、清潔に保つことが前提です。

このハイフルクエンシーは化粧品を肌の奥に浸透させる手伝いをする効果も出せるのです。

これはエステティシャンの人は使っているようで使っていない方法です。

 

4:セロファンなどのラップ

セロファンのようなもので薄くのばしたクリーム状パックなどをオクルーシブ状態にし、デヒュージョンを起こしているところです。

こんな風にパックを浸透させる方法もあります。

15分くらいおいておかなければいけないますくも半分くらいの時間に浸透を速めることができますよ。

 

5:クリーム状パック

クリーム状の厚いパックは厚さでオクルーシブ状態からデヒュージョン状態を作っているわけです。

クリーム状のパックは業務用パックでなくてもセラムと栄養クリームを混ぜて作ったカスタマイズしたパックを自分で作ることがほとんどです。

パックの厚さでオクルーシブ状態、デヒュージョンができます。

私は個人的にその上にハイフルクエンシーを使うことが多いです。

最後に

物事は原理を学ぶことで応用の幅が広がります。

エステティシャンとして学んだことの原理をつかむことが応用ができるようになる第一歩です。エステティシャンとして知っておきたい

  • オクルーシブ
  • デヒュージョン

これらは何のことかを念頭に置いて次のことをやり、結果を短時間で出せるようにし、一度のフェイシャルで幾つもの結果が出せるようにします。

  • 蒸しタオル
  • シートマスク
  • ハイフルクエンシー
  • ラップ
  • クリームなど厚みを持たせるパック

一度のフェイシャルで一つの結果だけしか効果を実感できないのでは残念。

時間内にいくつもの効果を出せ、実感していただけることでエステティシャンとして信頼していただけるようになり。

再予約が当たり前になエステティシャンになります。