コロナに負けない経営者脳づくり。職人経営者であるセラピストの時代にシフトした今、セラピストがフレキシブルな脳を持っていないと明るい未来を提供出来ません。

何があっても機転が利くフレキシブルな脳、ピンチをチャンスにする考え方が出来るようになる考え方例などを紹介しています。

アメリカメリーランド州でプライベートサロンを経営、セラピスト専門コンサルコーチとしても活動しているパチコスキー真由美のつぶやきブログです。

皆と同じを当たり前としない-当たり前を疑ってみる

例えば、現在2021年2月でもアメリカではMason Jarといわれる保存食を保存できる瓶が売り切れ続出。

コロナ自粛で家庭で料理をするのが密かなブームとなっていました。

私が要らないMason jar をFBの友人達にシェアすることを載せたら瞬く間になくなりました。

Mason jarは不足しているので売ることも出来るのにという事を知らせてくれた知人もいたくらいです。

しかし、私は不思議に思いました。

何故皆1つのサイズだけにこだわるのだろう?

他のサイズはないのかな?

そんなときにネットで料理教室で大きなサイズのMason jarが必要になり、ネットでオーダーしましたが、全く問題はなく、直ぐに購入することが出来たのです。

「同じ形、サイズしか選択がない」という意識を疑ってみましょう。

これを応用し、あなたが今思っている当たり前は本当にそれしか選択がないのか根底を揺さぶってみることです。

次はこんな感じで商材について応用してみました。

1:大量に購入することで安価・かつ半年、1年保てるように購入してみる

別の形でやることは出来ないのか。本当にその形だけが選択にないのか。

一つの解決策として、大量に購入することが出来るもの。

使いきる判断が出来ていれば半年、1年先分でも購入してみるなど。

経営で余裕がある時にこのように動くことで「足りない」状況を回避できます。

セラピストであれば使っている商材の詰め替え用の大きなサイズを購入しておくなどで賄えますね。

2:余っているところから購入できないか

必要だと思うものを要らないと思っている人はいないのか?など考え、自分で考えられることを行動に移してみましょう。

例えば商材を扱っているところの営業の方にキャンペーン企画で作られたパッケージなどでキャンペーン企画を過ぎても販売するのに問題がないお得な商材は買い込んでおき。

パッケージ販売に当てはまる人にキャンペーンが過ぎても販売出来ることでお得な商材が準備できているなど。

その会社との契約によりますが、フレキシブルに対応することが出来ることはないでしょうか?

考えるだけでは理論で終わり、知恵として身につきません。

検索するなりして自分で別のルートで自分のやりたい選択が出来る方法を見つけてみましょう。

職人経営者・セラピストとして経営者思考回路の作り方例

上のような形で考えることが出来るようになれば、思考回路が広がり、応用することが出来るようになります。

1:仕入れ先もフレキシブルにすることで経営者思考回路が作れるようになる

例えばセラピストの中でホットストーンを使う方は多いと思います。

ホットストーンはきっとセラピストの方用の会社で用意されている丸く黒い石を購入される方が多いでしょうね。

このストーン、ホームセンターのようなところでもっと格安に購入できるのです!

サイズや形、丸さは自然の形でそれぞれ違いますが、自分でホットストーンセラピーに使える石をその一定の石を購入後選別すれば良いのです。

購入先がセラピスト専用の会社やサイトである必要はありません。

安全・衛生面に問題がなければ使うことが出来ます。

物事の本質がわかればセラピスト、またはエステ商材を使っている会社でなくとも何を選択の基準にし、それを扱っているところはないのかと考えてみましょう。

これも単に理論で終わるのではなく、自分で検索し、実際に探したりして検証します。

自分で行動し、学んで得た知識は知恵となり、応用していくことが出来るようになるのです。

2:提供するサービスも自由に

エステをしているからエステだけをサービスとして提供しなければいけないという束縛もありません。

私はエネルギーワークや講師ワーク、セラピスト専門コンサルコーチのサービスもプライベートサロンの他に提供しています。

リミットは自分で作り出している場合が多いです。今現在自分がやりたいことを誰もやっていなければそれを始めた人になればよいだけです。

これからの時代は開拓者になれ!Be a Trailblazer

3:距離や時間・時差も超えて提供できるサービスを考えてみる

あなたのサービスは本当に対面でしか受けられないのでしょうか?

今ほとんどの方がZOOMなどを使って講座を開催されるのは当たり前になってきました。

講座だけでなく、あなたがセラピストであればセッションもネット上で出来るものもあるのではないでしょうか?

また、そのサービスは日本国内、国外を含んで提供出来るのではないですか?

こんな風に考えを広げていき、新しい形のサービスも提供してみましょう。

何事も最初から100%完璧になんてできません。やってみて、改善を繰り返せばよいだけです。

最後に

欠乏している。手に入らない。仕入れ値が高いなど。

あなたが現在直面しているピンチはいつもチャンスに変えることが出来ます。

ネイティブ英語の英語表現でビジネスマインドを学ぶ:If you get a lemon make lemonade

予期しなかったことに直面したら逃げず、何とか解決策に向けて考え、行動してみることで柔軟で変化することに対応できる順応性が生まれます。

それが職人経営者の思考回路づくりに大いに役立つのです。