敏感肌スキンケア:エステティシャンならば敏感肌を改善できるようになろう!

      2017/07/26

 

今日は。パチコスキー真由美です。

あなたのお客様に「敏感肌なんです。」という方が多くありませんか?

肌は体、心のバランスを映す鏡です。

敏感肌はバランスの取れた普通肌に戻ることが可能なんですよ。

この記事を読んで最低3か月実践してみてくださいね。

 

敏感肌の原因

 

敏感肌といっても原因がいろいろあるのです。

ここにあげた以外の原因も勿論ありますが、以下に挙げるものが大きな原因です。

1:肌の状態に合わない化粧品を使っている

 

  • ビタミンA配合のレチノール、AHAなどを含む化粧品は即やめる

肌の角質のターンオーバーというものがあります。

肌の表面の角質が新しく生まれ変わるサイクルです。

このターンオーバーは普通28日の周期で生まれ変わります。

しかし年を重ねるごとに60日くらいまで遅れ、角質層が厚くなってきます。

このターンオーバーを促進させるためにビタミンAなどの配合されている化粧品。

この角質をはがすために含まれているのです。

少量の2%配合でも3か月以上継続して使っていると肌が赤くなってきたり、赤くならなくてもヒリヒリしたりしてきます。

そういう化粧品を使っている方はすぐやめてもらいましょう。

3か月以上使ったら、いったん使用をやめて、4-6か月間は使わないことが大切です。

 

2:洗顔のしすぎ

 

日本では洗顔をしすぎだと思います。

毎日夜に二度洗いしているだけでも洗いすぎ。

化粧が厚いお客様には薄くできないか工夫を提案できるといいですね。

肌が輝けば、ファンデーションは半分の量済みます。

厚化粧は年を重ねるともっと老けて見えます。

化粧をしているのなら、夜は洗顔料を使った洗顔で構いません。

朝は水だけで洗顔に切り替えるように指導してみてください。

洗いすぎで肌の表面の水分の蒸発を防ぐ皮脂と汗の混ざったアシッドマントルが破壊されてしまいます。

この皮脂と汗が自然に混じって潤っている状態は、外部からの菌などが皮膚を通じて体に侵入しないように守っている状態なのです。

それをいつも洗顔料で夜は二度洗い、朝も一度洗いを年中続けているので乾燥肌にもなります。

洗いすぎは肌にいいことではありません。

 

3:敏感肌は体の自然治癒力の低下、何らかの低アレルギー反応が体内で起きているサイン

 

また自然治癒力が低下しているときに肌にサインとして出ることが多いのです。

敏感肌は、私の経験ではお客様の体内で何らかのアレルギー反応が出ている状態。

 

まず、自然治癒力が低下している人は、アレルギー反応を起こしやすいのです。

一番手っ取り早く、なんにでも効くのですぐにお勧めすることは腸を健康にすること。

腸の健康は脳の健康にも直結しているといってよいほど私たちの心と体に大きな影響を与えています。

この記事を読んで是非参考にしてくださいね。

腸の健康

また、花粉症などの人はビタミンB12が欠乏していることが多いです。

花粉症の方は3か月、ビタミンB12を服用してみてください。

ビタミンB 12は胃を通ると胃酸で壊れてしまうそうで、舌下に入れるもの。または肌に塗ってホルモンのように肌から血流に直接届く方がいいようです。

 

 

4:食生活・生活習慣のアドバイス

 

敏感肌は腸の善玉菌が多くなかったり、不規則な生活。また大きな部分に食生活をしているとなりやすいのです。

外食を控えて、腸の善玉菌を増やして健康になるように発酵食を取り入れてもらいましょう。

日本の伝統的な食事。

  • 味噌
  • 納豆
  • ぬか漬けなどのお漬物

こういう食事は腸の善玉菌を整えて増やします。

キムチなどもいいですね。

ヨーグルトなどは西洋のもので乳酸が合わない人もいます。

チーズやヨーグルトが好きな人はそれがアレルギー反応の元であることもあります。

そんな場合は牛のミルクで作ってあるものでなく、ヤギのものに代えてみてください。

 

敏感肌のお客様のフェイシャルをしているときの注意事項

 

1:アレルギーや敏感肌の人にはマッサージは避けること

 

肌が敏感になっている人は、肌をマッサージするのでも過敏に反応してヒリヒリしたり、肌が痛いと感じたりします。

既に肌の防御力がかなり低下しているので少しの事でも刺激になりやすいです。

指圧など肌をこすらなくてもリラックスできるようなマッサージをしましょう。

 

2:フェイシャル中にアレルギー反応が出たら

 

肌が敏感になっているときには普段アレルギー反応が出ないような化粧品にもアレルギー反応のようなことを起こしてしまうことがあります。

お客様の肌がこんな感じになったらすぐにフェイシャルはやめましょう。

  • 肌がほてって赤くなっていく。
  • 肌がはれる
  • 肌がかゆくなる

また、応急処置の仕方は知っていますか?

この記事を参考にして是非応急処置も用意しておいてくださいね。

知っておきたいエステティシャンとしての化粧品かぶれ応急処置

 

最後に

 

敏感肌になるというのには原因があり、一生敏感肌ではないのです。

肌は心と体の鏡でメッセージを外に送っていると思ってください。

気を付けているとそのメッセージが読めるようになり、ポイントをおさえたアドバイスができるようになります。

  • お客様が現在使用している化粧品が肌に合っているのか判断できるようになり。
  • 夜はダブル洗顔をしても朝だけは水で顔を洗うことを実行してもらう。
  • 体の免疫力、自然治癒力が弱っているので腸を整えて腸からまず健康にしてもらう。
  • 食生活、生活習慣についてもアドバイスする
  • フェイシャル中に肌をこするようなマッサージは避けて指圧などにする。
  • 過敏になっている肌がフェイシャル中にアレルギー反応を起こしたら、その場ですぐ施術はやめ、応急処置をする。

これを最低3か月は続けること。

その方の遺伝性や今までの生活習慣などで6か月くらい必要なときもあります。

でも必ず何らかのいい結果が現れるはずです。

是非参考にしてくださいね。

 

 - アメリカでエステサロン開業, エステサロン開業, 美容・エステ・健康