ポラリティーセラピーとは何か。ポラリティーとは何か。

セラピストとして様々なセラピーに関しての知識があることは大切です。

動画での説明、参考になる図面が入っている本などの紹介などでセラピストとして最低限の知識として知っておきたいこと。

セラピストリピート客づくりと売り上げアップコンサル・コーチング専門家パチコスキー真由美が記事にしています。

この記事を読んでわかること
・ポラリティーとは

・Dr. Randolph Stone氏について

・ポラリティーセラピーの簡単な要約

・ポラリティーセラピーをとりいれる参考になる本の紹介

ポラリティーセラピー動画

真由美
恥ずかしながらこの動画は2015年に撮影したものです。鍼灸(しんきゅう)をはりきゅうといっていたりしていて撮りなおしたいのですが、3k以上のアクセスがあるためそのままにしているというもの。内容的にはおかしいものでないので失礼をお許しください!

ポラリティーとは

磁石にあるプラスとマイナス。

人間の体の中にも、全ての生物の中にも存在しています。そのプラスとマイナスの磁極を英語でポラリティーといいます。

生物は磁極で電流を通すようにエネルギーを体内で上手に流れるようにし、生きているのです。

Dr. Randolph Stone(ポラリティーセラピー創始者)

ポラリティーに気が付き、エネルギーの流れをスムーズにすればするほど体の調子もよく、エネルギーがブロックされている箇所があるとその部分に痛みを感じたり、病気などに繋がっていくことを理解したStone 氏。

オステオパシーの医者でもあり、ナチュロパシーの医者でもあり、カイロプラクターでもあったストーン氏はインドのアユルベーダや東洋医学なども勉強し、ホリステイックアプローチ(総合的に対応する)ことを考え、調和を保つことが健康のカギとこのセラピーを考案しました。

セラピーとしても基礎の土台となるものであり、現代でも特に多くのエネルギーワーク、ヒーリングワークなどにこのポラリティーセラピーは組み込まれています。

エネルギーがスムーズに流れていると自然治癒力を私たちが使って健康を保てるようになります。その部分に着目したのですね。

ポラリティーセラピー要約

体の中にある磁極をうまく利用し、エネルギーの流れをよくするとともに。

食事療法など栄養面からの配慮(ナチュロパシー)と運動などをとりいれて体の免疫力を高め。

自然治癒力がより自然に働くようになるように考案されました。

ポラリティーセラピーをとりいれるための参考書

1:ランドルフ・ストーン氏の邦訳本


この本はランドルフ・ストーン氏のポラリティーセラピー邦訳本です。アマゾンのサイトで購入できますよ。

リンクはこちらです。https://amzn.to/2Wg390w

2:リチャードゴードン氏の本

リチャードゴードン氏は優れたエネルギーワークをする方で、アメリカ在住。

現在も活躍されている30年以上のエネルギーヒーリングワークをされているプロの中のプロといえる方です。

彼の著書の本は図解入りでセラピストとして練習することができ、応用して施術に取り入れていけるように解説されていますのでお勧めですよ。

アマゾンのリンクはこちらです。https://amzn.to/2V724fd

最後に

セラピストとしていろんな形のセラピーの知識が土台としてあることはとても重要です。

自分が提供する一つの施術に通じているのは当たり前。

そのほかのセラピーを体験したり、体験できなくてもどんなものであるのかという勉強をしていないとセラピストとしての成長ができません。

特にヒーリングのワークを施術に取り入れている方は、色んな施術のツールを学ぶことで応用ができ、より的確にカスタマイズした施術がお客様に提供できるようになります。

ポラリティーセラピーはエネルギーの流れをよくすることでエステでもフェイシャルとリラックス度、またストレス削減できた!という相乗効果をお客様が実感されるので確実にリピートしてくださるようになります。

是非セラピストとしてあなたも学んで施術に取り入れてみてくださいね。