アーシングを取り入れてグラウンディング:セラピスト施術効果を倍増させよう

   

今日は。パチコスキー真由美です。

アーシングやグラウンディングを取り入れて施術前に自分を整えたり。

セラピストとして日常に取り入れていると施術の効果もアップする方法を記事にしています。

 

アーシングとは

 

素足を大地につけることで大地(地球)のエネルギーを取り入れて人間の本来持っていたバランスを取り戻すことができます。

 

人間は現在では靴を履いていますが、以前は素足でした。

素足でいた時の人間のエネルギーは地球と波長が合っていたため。

健康でも精神的な面でもバランスが取れていたようです。

現代人は自分たちのバランスをとってくれていたものから離れてしまった生活の仕方をしています。

ほとんどは靴を履き、コンクリートに囲まれた生活をしている人も多いですね。

そのうえ家電製品など以前よりも電磁波を出しているものにも囲まれています。

自分のバランスを他の電磁波にちょっかいを出されて失い、100%の力を発揮できない状態になっています。

 

セラピストとして施術をする前に、自分を整えるためにもアーシングをして、お客様だけでなく、自分の施術もより効果を感じてもらえるようにやってみることをお薦めします。

 

要らない電気を流してくれる

 

アーシングで大地とつながることで、人間の体にたまった電気を放電してくれることもするようです。

静電気などが起こりにくくなります。

この人間の体の中で流れているのはエネルギー(気)と同様です。

流れが良いと病気をしても回復が早かったり。

病気になりにくくなったり。

精神的にもバランスが取れ、イライラ、怒り、妬みなどばかりにとらわれすぎなくなります。

イライラ、怒り、妬みが悪いことではなく、人間にある普通の感情です。

その感情をどう消化して、バランスを取り戻して前に進んでいくことができるのかが問題です。

アーシングをしていると、すぐに大きな変化が起こるという事はありませんが、じわじわと変化が起こり。

何時しか穏やかな気持ちになれることが多くなったり。

体の不調も少しづつなくなっていったりします。

また不調になると、自分で対応しようとする考えが生まれ、バランスをとるように動き出します。

足は手のひらと同様、沢山のツボがあることはご存知ですよね?

体全部をあらわしているといわれます。

そのセンサーが大地につくと、要らない電気は放電され、バランスが取れるというわけです。

 

アーシングは足でなければいけないのですか?

team

素足が多分一番良いのではないかと思うのですが、手でも大丈夫です。

座っていてもよいようです。

アメリカのネイティブインデイアンや先住民族の人達の生活の仕方を思い出してみてください。

大地にそのまま座って火を囲んで集会を開いたりしていましたよね?

とにかく体のどこかが大地についていることが大切なようです。

しかし、鈍感になっている現代人が一番最初にアーシングを取り入れて見るのであれば素足をお薦めします。

 

エネルギーの流れなどが感じられなくてもOK

 

最初はやっていてもエネルギーの流れも何も感じられませんし、どれくらいやったらいいのかもわかりませんよね?

それであれば次に紹介するグラウンディングと一緒にやるとエネルギーの取り込み、放電もはやまりますよ。

 

グラウンディングとは

 

グラウンディングは地球のエネルギーを取り込み、地に足が付いた状態に自分をしてくれるものです。

初めはアーシングで素足で大地に足を付けてこのグラウンディングをやるとエネルギーの流れなどがつかみやすくなります。

練習をしているうちに、高層ビルでも、カーペットのある部屋の中でも同じようにエネルギーを取り込むことができているとわかるようになります。

この動画で簡単なグラウンディングのやり方を説明していますので、是非やってみてくださいね。

長い瞑想は苦手でも、アーシングをしながらグラウンディングをすると自分が整うのが早いです。

 

 

 

セラピストとして施術効果を倍増させるためにとりいれる

 

  • アーシング
  • グラウンディング

この2つは同じだとも言われますが、少し違いますね。

両方を一度にやってもよし。

別々にやっても構いません。

これを始めに、そのほかに施術の時にお客様のエネルギーを通すためにもこんなこともできます。

施術の効果がお客様もすぐに感じられるので取り入れてみてくださいね。

誰も教えてくれなかった秘密で周りのエステに差をつける!ヒーリングで大切な知識

 

効果が感じられない時にやってみること

 

見落としがちな水の大切さ

 

効果が感じられないのは、経験が浅い時には仕方がないことです。

しかし、現代人に良くありがちなのは水分不足な人がいるという事。

あなたの施術がよくても水分が足りないと、エネルギーも通りにくいのです。

電気を通すには「水」が媒体の一つですよね?

施術の前に1~2口水を飲んでもらう。

また施術者であるセラピストさんも水分補給を忘れないことです。

 

エステが終わった後でしたら、リンパマッサージなどでデトックスを体の中で起こしています。

ですから最後にお水を差し上げます。

ケチっているからただのお水ではなく、ミネラルなど人間の体に大切な水を補給してバランスをとるのです。

飛行機で長時間乗っていると水をもってサービスに回ってくるのを経験したことはありませんか?

なぜオレンジジュースなどでなく水であるのか考えたことがあるでしょうか?

 

最後に

 

アーシングとグラウンディングを日常に取り入れてあなたのセラピーの効果倍増。

地球と波長を合わせて癒し・ヒーリング力を高めるだけでなく。

あなた自身が地に足がついて安定し、バランスのとれた人間へと戻してくれます。

簡単で特別なものもいらないことですからすぐに取り入れられますよね?

あなたにも、あなたの提供する施術にもプラスアルファ―ができ、お客様にそれが伝わるようになります。

あなたのサロンの再予約状況も再予約が当たり前になっていきますよ。

 

 

 

 - セラピスト・癒し・ヒーリングセラピー , , , ,