エネルギワークをしている時、好転反応といわれることが起こる場合があります。

エネルギワークを始めて間もない場合、どう対処したら良いのか?

お客様にどんな風に対処法を教えたらよいのかなどの例を幾つかご紹介します。

好転反応とは?

Image by John Hain from Pixabay

 

好転反応とは、エネルギワークをしたとき、もういらなくなったエネルギー、感情、経験などを手放した時に起こります。デトックスをしていると考えれば良いでしょう。

その症状にびっくりされたり恐れを抱くことがないようにお客様にこんな症状が起こることがありますよと伝えておくのといないのでは大きな違いがあります。

なるだけ好転反応が起こらないように共鳴度を高くあげてセッションを終え、その共鳴度をある程度長く保てるようにすると起こりにくいようです。

好転反応の例

体に起こるデトックスは以下のようなところにあらわれます。

粘膜を通しての好転反応

 

涙、鼻水、くしゃみ、咳など粘膜を通して起こるもの。風邪の症状のような事が起こる場合があります。

涙が出たら、涙を指にとり、なめてもらうこと。

涙を口に入れることでデトックス効果が速まります。

長く続いても2-3日で症状は抜けますので安心してくださいとお知らせしましょう。

排泄器官を通しての好転反応

ゲップ、おなら、尿、その他排泄物でもデトックスをします。

ベジタリアンなどの方は特にゲップ、おならなどでデトックスされることが多いようです。

アジア人はこのタイプが多いかもしれません。

これも心配せず、2-3日で抜けだしたらスッキリしますよとお知らせしましょう。

吐き気

 

抑え込んでいた怒りをデトックスするときに多いのが吐くことでデトックスします。

肝臓の働きが活発になるからだそうです。しかし、全てがそうだとは限りません。

吐くとスッキリし、何日も続くことはありません。

軽い食事、果物などをとっていただき、胃腸を半日ほど少し休ませましょう。

 

体の痛み

体の痛みはその部分に滞っていた記憶、感情などをデトックスしている場合に起こります。

痛みが起こっている時には深呼吸を数分間しながらその部分に手を置く、または心でその部分を意識してもらいながら深呼吸をしてもらいます。

数分後には痛みがかなり緩和しているはずです。

これも2-3日でなくなりますのでエプソムソルトのお風呂、またはベーキングソーダを入れたお風呂に入るとデトックスが速まります。

エプソムソルトのお風呂などはこちらのブログ記事で紹介していますので参考にしてください。

セラピストに必要なこと:メンテナンス・浄化

 

感情に起こる好転反応

全く忘れていたある出来事が心に湧いてきたり。

イライラ、怒り、悲しみなどの感情が訳も分からないのに湧いてきたりします。

それらは自分が知らない間に溜めていたもので、もういらないと表面に出てきたのです。

それを意識が受け取っています。

怒りは怒りを発散させるため、枕を殴ったり、大きな声でわめいたりしてデトックスさせて構いません。

イライラや怒りの原因、またはその相手にその感情をありのままにつづった手紙を書き、火で燃やすなどしてもらい、デトックスをしてもらいましょう。

悲しさは泣き、ひっそりと自分を大切にする時間を2時間ほど持ち。

好きな音楽を聴いたり、好きなことをしたりと自分を大切にする時間を持ってもらいます。

最後に

浄化は創造主が作った光、すなわち火・太陽光・月光を使うのが一番なようです。

水に流すなどよりは火で燃やした方が浄化がよりスッキリと起こると私は感じます。

この地球上でまだ形があり、生きているのであれば学ぶことがあるから生存しているのです。

ですから完璧な人などいませんし、どんな凄いといわれる人達にもまだ学びの課題が与えられています。

デトックスしている自分を責めたりしないことが大切なのでお客様にその部分もお伝えしましょう。

私達は全て光り輝く魂の勉強をしに来ている生徒です。

お客様を励まし、言葉を選びながらエネルギーヒーリングで真の自分をとり戻していかれるようサポートするために。

好転反応の症状、対処の仕方などもキチンとお知らせしましょう。