エステサロン経営もこんな経営にしていればいざ体調が悪くなっても大丈夫!

      2016/06/05

今日は。パチコスキー真由美です。

健康管理が大切と記事でいつも書きながら、自分の体調が100%でないと知って検査や点滴をうつことになってしまいました。。。

日本の帰国に際してのセミナーなどには影響はありませんのでご安心くださいね。

2015年に帰国した最後のほうに風邪にかかり、それが15年ぶりだったくらい健康が自慢だったので悔しいです(笑)。

でも、いままでに経営の仕方も周りの友人などを見てこの2年程やってきたことがあるのでエステの予約はそうがちがちに入れなくても大丈夫にやれています。

何をやっているのでしょうか?

あなたも是非経営を継続するというマラソンで長く持続するために気を付けてほしいポイントを記事にしてみました。

 

予約が満杯だからといって安心しているのは甘い

この3年くらいの間に仕事の仲間でこんなことがあって一気に仕事の量を減らさないといけない。

収入がガタ落ちというのを目にしてきたんです。

 

1:健康を害して、治療に専念しなければいけない。

2:離婚など私生活の変化で生活が経済的に大変になる。

3:手術とリハビリでやむを得ず、仕事が何か月かできない状態になる。

予約が2か月先まで埋まっている人でも、こんなことが起きて、いきなり予約の施術ができない。

施術ができない=収入がない

という形になり、一挙に生活が苦しくなるという展開に。。。

セミナー講師などに呼んで応援したくても、体力的に無理であればできないですよね。

こういう辛い時期を通過しなければいけない友人を目のあたりにしたり。

または耳にして仕事の仕方も考えないとな。。と思っていたのです。

そんな時、天候でもショックなことがあり、本格的に考えようと決めました。

エステサロン経営者が暇な時がないようにしていく方法:私がやっていること

 

体を動かすことは大変でもこんなサービスならばいつでもできる

1:化粧品の販売

この2-3日の間に5人のお客様からの化粧品の注文が入りました。

私の使っている商品はネットで販売することが禁止されているものです。

化粧品を買いたいのですけどと例えば電話であったことのない方に問い合わせていただいても、一度はサロンに来ていただき、肌を見たうえでの販売になります。

ちょっと普通のサロンとは違うかもしれませんね。

それでも化粧品販売もビジネスの中に入っていることで、エステにはそう頻繁に来れなくても化粧品は買い続ける人もいるのです。

この売り上げだけでもエステを何人かした売り上げと変わらない売り上げになっています。

自分がエステの施術をしていない時、休みの日にでも注文が入れば決済はできますし、経営の心強い味方に泣てくれますよ。

エステティシャンブログでこれもサービスにくわえられたもの

1:スカイプコンサルセッションを入れる

スカイプでの個別コンサルなどは動かなくても自宅からでもできます。

施術はしんどくても話すのに無理がなければできますよね?

早朝であったり、夜であったりとあなたの時間も施術の時間よりも柔軟に対応できるはずです。

 

2:会員制サイト・有料コンテンツの質問などに答える

2月に開始した有料コンテンツの3か月コースに参加している生徒さんと一緒に作るシグネチャーパックをスカイプで話し合うとか。

質問に答えるなどもできます。

こういうプログラムを一度作っておくと、作っているときは大変ですが、後々とっても楽になりますよ。

誰もおしえてくれなかった!他のサロンと差を付ける。特典付き5つの秘密のパックの作り方

ちなみにこのコースは今まで誰も教えてくれなかった、いろんな応用が利くコースです。

エステティシャンとしての差別化、あなたのサロンの差別化(特化)につながりますよ。

 

3:セミナ―ができる

移動をするのが無理というのでは無理かもしれませんが。

あなたが施術をするのには腰が痛くてできない。

でも普通に生活するのには大丈夫であればセミナーはできますよね?

勿論セミナーができるようになるまでに自分で自己プロデュ―スの仕方など勉強しておかなければいけないことはありますが。

私は4月に日本帰国際に3つのセミナーを予定しています。

あなたもきちんと準備すればこうやって地元に帰省する時にも現地でセミナーや交流会などできるのではないでしょうか?

 

最後に

エステサロンの予約はとても大切です。

サロン予約を埋めるというのがまず基本なのですが、予約満杯になってそれでいいと思っていたら甘いのです。

私の友人のようなことに直面したりして最後には仕事をやめなければいけなくなる人もいるのですよ。

そうならないように、少し休み休みでもいいから施術もでき、施術とは他のサービスを用意していたら。

やめなくてもどうにかしてしのげたかもしれないのですよね。

それに加えて自分が直接施術しなくても売り上げにつながるものも2つほど是非用意しておきましょう。

そうすればうまく乗り越えられますよ。

 

 - アメリカでエステサロン開業, エステサロン開業, ビジネスマインド ,