お客様の声の集め方

      2017/07/25

 

あなたのサロンでのお客様の声は集客にとても役立ちます。

あなた自身の声よりお客様の声の方が心に響くものなのです。

今日はどうやってあなたのサロンでのお客様の声を集めるのかを記事にしています。

 

お客様が知りたいのはお客様の明るい未来

girl-1403458_1280

自分が施術者でどんなに技術や腕に自信があり、自分の事ばかりを宣伝していても効果は半減でそう注目されません。

お客様が知りたいのは、エステをしたら自分の顔がどうなるのかという自分の明るい未来像なのです。

この部分をまず抑えておくことが大切です。

そのためにお客様の声をいただいて、ウェブサイトやブログなどに掲載するのです。

 

現顧客の方にお客様の声をもらう

 

まず、現顧客の方にお客様の声として

  • 自分のエステを受けてどうなったか
  • 自分に対してひとこと

などをブログやウェブサイトで使いたいのでと説明し、書いていただきます。

方法は、ラインのようなものでも、電子メールでも構いません。

 

  • 名前(苗字だけ、下の名前だけ、フルネームOK、イニシャル希望などきちんと明確にきいておくこと)
  • プロフィール写真があればそれを使ってよいか。
  • 写真がNGであれば漫画の画像で代用する。例としてのサイトはグリコのフェイスアイコンメイカーなど
  • 画像なしでも名前で大丈夫ですが、画像があるとよりリアルに感じてもらえます。

 

お客様の声の例

 

asuka-san

Asukaさん

真由美さん、先日はコンサルありがとうございました。

そして、早々にコンサルのまとめを送っていただき、ありがとうございます。

今度は、講座を受講したいと思っています。その時はまたどうぞよろしくお願いします。

今回、初めて自分でスキンケアラインを決めるにあたって、サロン経営をされて既に実績のある真由美さんに、自分の選んだスキンケアラインはいいのかどうか、それとマーケティングについて相談したいと思いました。

真由美さんは、私の思っていた以上の答えをだしてくださいました。

具体的には、どちらのスキンケアラインが良いかというだけではなく、このセラムを使うといい、このマスクは最初に使うといいなど、的確に教えて頂きました。

マーケティングも、今の私の現状を踏まえて無理なマーケティングではない地に足のついた方法を教えてくださり、そして将来的にはどこに向かっていけばいいか目的地の設定もしていただきました。

初めてのスカイプコンサルで、緊張していたのですが、真由美さんはとても優しく話しやすい方で安心したのを覚えています。

申し込みから、コンサルまでそんなに時間がなかったのですが、事前に色々と調べて頂いていろんなことを教えてもらい、知識が豊富な真由美さんに、コンサルを受けて正解だったと思っています。

HINA-san

ひなさん

やはり、真由美さんはスゴイ!
私は今は仕事もうまくいっているのですが、真由美さんが帰国されるから!と個人コンサルを申し込みました。
私が今の仕事の中でも悩んでいる部分を話すと、即答されて、その内容にスッキリしました。
「売り上げアップ」がメインだというような感じのコンサルが多いなか、真由美さんのコンサルは「売り上げアップ」は勿論なのですが、セラピストとしての在り方、未来像まで考えてのコンサルなので、人間として、セラピストとしての自分がステップが上がることにもアドバイスをくださいます。
そして、悩みに対しての「スッキリ爆弾」が出てくるのもありがたくもあり、スカッとするところです。
こちらの悩みに対しての無駄な言葉がない(笑)
ズバッとドンピシャで答えてくれるのが本当にありがたいです。
そして、以前からですが、私という1人の人間を高く評価してくださることが本当に嬉しい。
自信へつながります!
真由美さん、本当にありがとうございます❤
またお願いいたします‼️
次にお会いする日まで、しっかりがんばります‼️

喜んだお客様からのラインでもメール、テキストメッセージなども活用する

blogger-336371_1280

普段の施術後にお客様からの嬉しい喜びの声などがあれば、その都度

「うわ~。ありがとうございます。これをネットで紹介してもいいですか?」とその都度聞いて、お客様の声として集めます。

携帯のスクリーンショットを公表してもOKな場合は、そのままSNSでフェイスブックなどにアップすることも効果的です。

すぐには予約につながらなくとも確実に情報を探している人の目に留まります。

 

モニター募集でこれから新規顧客を開拓し、また感想の声も聞けるようにする

 

あなたがまだ開業して間もなく、そんなにお客様の声ももらっていないし、もらえないというのであれば。

メニューのモニターを募集してお客様の声を集めることができます。

モニターとは安売りを提供するだけになりがちな方も多いので、必ずこのようにして企画してください。

 

モニターは安売りではなく、条件をのんで施術する側にもメリットがなければならない

 

モニター募集をするときに、最低以下の条件を入れて、その条件を承諾してくださる方を集めます。

単に無料や格安のサービスを試してみたいという人を寄せ付けないためにもきっちりと条件を表示しておきましょう。

1:一定の期間施術を受けていただかないと効果が体験できないものはその期間モニターとして参加していただく

 

一定の期間通っていただかないと成果が出ない。

そんなモニターは始める前に必ず期間がどれくらいかかり、その期間忠実に通っていただけることを前提とします。

 

2:モニター前後の写真を撮らせていただくこと

 

写真は前後、顔であれば目を加工したり、また顔半分にして目を加工したりすれば誰であるかわかりにくいです。

痩身など体であれば、顔は除いて体の写真、立って横を向いていただくなどすればよくわかりますよね。

目で効果が確認できるものは文章より説得力があります。

 

3:感想を書いてもらう

 

感想をいただきます。それには

なぜこの施術を受けようと思ったのか。

施術前後で違いを感じたところがあればそれを中心に書いていただきましょう。

誰でも感想を書くのが上手というわけではありません。

最後に自分に向けて一言書いていただくのもいいですよ。

 

4:名前をつかう

 

名前は次のように選択肢を用意して選んでいただきます。

  • フルネームでOK
  • 苗字だけ
  • 下の名前だけ
  • イニシャルでOK
  • 匿名希望

匿名希望などになると信憑性が薄れるのでなるだけ名前を使える方が説得力は増します。

 

お客様の声の人数

 

お客様の声の人数は最低3人、5人ほどあれば十分です。

それ以上は感想を短くしてブログやウェブサイトに記載しましょう。

お客様がまだいないというのであれば、周りの同僚、友人などに協力してもらってください。

 

最後に

 

お客様がブログやウェブサイトをチェックする時。

 

自分にとってどんな結果が予想できるのか。

どのように今の状態が好転し、明るい未来が予想できるのか。

これがお客様にとって一番重要なことなのです。

 

そのためにお客様の声を集めるのはとても重要です。

自分が自分の提供するサービスがどんなに素晴らしいかとうたうより。

体験した人の感想の方が心に響くものなのです。

 

 

 - アメリカでエステサロン開業, エステサロン開業 ,