フェイシャルパックで劇的に効果を上げる方法

      2016/03/12


んにちは。パチコスキー真由美です。

フェイシャルパック、シートマスクを使っている人多いのではないでしょうか?

使っているのにいまいち効果が感じられない。

つかいかた、また使うパックを間違えているのかもしれません。

今日は、フェイシャルパックのお手軽なやり方。

どのようにするのが本当に効果の出るパックなのかなどを記事にしてみました。

フェイシャルパックとは?

フェイシャルパックとは、顔を覆って汚れを吸引したり、角質を取り除いたりする働きがあります。

又、栄養を補充するパックといろんな用途があるんです。

大まかにこういうタイプがあります。

1:栄養などを肌によく吸収させるためのシートを使ったりするパック

(普通から乾燥しがちな肌向き)

2:塗ってはがすピーリングタイプ (どんな肌の状態でもほぼ使ってよいタイプ)

3:汚れなどを吸引するクレイマスク(普通からオイリーな肌向き)

 

フェイシャルパックをする前にやっておきたいこと

 

1:顔のクレンジングをすませるておくこと。

汚れがパックをまざらないようにして、最良の効果を出す為です。

 

2:お風呂、またはシャワーを浴びておくこと。

これをすることで、血行がよくなり、フェイシャルパックがより効果的になります。

 

一番大切なポイント: オクルーシブシール( Occlusive seal )

 

オクルーシブシールとは?

 

オクルーシブとは、閉じる、ふさぐと言う意味です。

ですから、オクルーシブシールと言うのは閉じて、ふさぎ、封印すると言うこと。

どうしてフェイシャルパックがいつもこうやって顔を覆うのか、分かりますか?

beauty-treatment-163540_1280

こうやって覆うことで、肌の中の温度が上がり、血行がよくなります。

そうすると、毛細血管も開いて、肌の細胞の隅々まで血液が酸素を運んで、その中に細胞が活性化する栄養素を含み、届けてくれるんです。

肌に本当に栄養を与えたいのならば、このオクルーシブな状態を作ることが重要なんです。

 

シートパックだと、シートがオクルーシブの役割をし、クレイだとクレイがオクルーシブシールを作る。

サランラップや蒸しタオルをあてるというのもただ暖めると言うのではないんですね。

 

血行がよくなることで栄養をいきわたらせるまえにたまった余計なごみを肌の細胞が捨てる作業も手伝ってくれます。

汚いごみのたまったところに栄養を詰め込んでも仕方がないですよね。

 

オクルーシブシールはこんなものでも代用できる

 

1:蒸しタオル。

蒸しタオルの熱が血行を良くし、かつタオルがオクルーシブシールの役割をします。

自分の普段使う基礎化粧品を少し多めにつけたあと、蒸しタオルで数分顔を覆うだけで浸透性が違いますよ。

 

2:サランラップ

鼻と口の部分を切り口を入れて息ができるようにして、化粧水、美容液などをつけたあと、5分から10分ほど顔をきちんと覆うことでオクルーシブシールを作ります。

 

シートパックを使う場合の注意点

 

シートパックは薄い髪の様なシートに美容液のようなものが含まれているものがほとんどです。

肌が普通から、乾燥した状態のときにお勧めです。

 

シートパックをする前は、上で触れたフェイシャルパックをする前にやっておきたいことのほかに、角質を取り除くパックかなにかをやった後にするのが効果的です。

肌の上に乗っかった余分な角質が美容液などの栄養分を吸い込んで、肌の奥まで浸透しにくいからです。

それから一回の使用時間は10分程度。それ以上はシートが乾いたペーパータオルのように肌の水分を吸収し始めます。

長くやりすぎるとかえって乾燥を招く結果にもなりかねません。

 

使うのは、週に一度が効果的。

食事でも、栄養満点のこってりしたうなぎ料理を毎日は食べたくないように、肌にこってり栄養をやりすぎても肌がばてます。

何ごともバランスが大切です。

 

ピーリングタイプのマスク

 

これはマスクがガムのような感じで、乾くと肌からはがしやすくできています。

肌の状態が普通からオイリーっぽい状態の方のほうが良いですが、一般にはどんな肌の状態の人でもOKなパックです。

クレイパックだと洗い流さなければいけないのですが、このタイプだとそれをしなくていいので便利です。

海草のエキスを含んだものだったり、いろんなタイプがあります。

 

このタイプは、栄養を与えるというよりも、余分な角質を取り除く手伝いをしてくれたり、肌にいらない毒素を吸収してくれたりします。

海草を含んだタイプは、毒素を吸収してくれるタイプです。

 

クレイマスク

 

粘土状になったマスクで、海からのミネラルを含んだものとか、いろんなものがあります。

肌が普通から、オイリー、にきび肌の人にもいいタイプです。

 

最近注目されている素材はベントナイト(モロモリナイトが主成分なので、モノモリナイトと同じようにまとめられていることが多いです)。

これは、昔からあった粘土で、土のなかにあり、古くから毒素を吸収して粘土内に閉じ込めて服用しても害がないため、動物、人間の治療にも使われてきました。

最近はこれを含んだクレイタイプのマスクがヒーリングクレイなどと称して注目を浴びています。

 

まとめ

フェイシャルパックは主に3タイプがあります。

1:美容液など栄養を与えるシートマスク

2:塗って乾いたらはがすピーリングタイプ

3:汚れ、毒素などを吸収するクレイマスク

肌の状態によって使い分けましょう。

 

フェイシャルパックをする前は、洗顔して汚れを落としておくこと。

お風呂、シャワーなどを浴びて血行をよくしておくこと。

又、シートパックをする前には余分な角質を取り除いておきましょう。

 

フェイシャルパックで一番重要なのはオクルーシブシール。

簡単にオクルーシブシールをサランラップや蒸しタオルでも代用できます。

 

フェイシャルパックは週一度の割合が効果が出ます。

やりすぎもかえって肌のストレスになります。

どんなことにもバランスが一番ですね。

 

 - エステサロン開業, 美容・エステ・健康 , , , , , , ,